FC2ブログ

 波島教室の臨時休業

貼り紙A

開校以来初めての貼り紙(告知)です!!

まさかこんな日が訪れようとは思いもしませんでした!神様のいたずらとしか思えないほどの驚きです。
また、私の35年の芸能生活でも初めてです。
「人に会わないでください・・・・!?」少し慣れましたが恐ろしいと感じる方が大きいです。

プロデューサーの判断で非常事態宣言が発令される前から教室は5月末までお稽古はお休み(休業)と発表され信じられない現実に暫らく慣れるのに苦労をしました。
私の教室はその殆どが個人稽古ですからこれほど安全で安心なお稽古場は無いと思っていましたからね。
たばこ厳禁、火を使わないのでガスは元栓から止まっています。

それでも毎回毎回使用した小道具はしっかり1本1本消毒をするという徹底ぶり。とにかく衛生面については厳しいプロデューサーの目。生徒さんを守るってこういうことなんだ・・・・と改めてその徹底ぶりに感心していましたが、危機管理ってそうなんですよね。

東京都に非常事態宣言が発令されてから今度は全国が全てそのエリアとなりました。
「動くな・・・・」とプロデューサー  
本当にそうです。 
私どもの教室でも毎年多くの旅行会社様から外国人相手の体験ツアーが組まれて来ましたが2月後半の時点で教室の体制をプロデューサーはしっかり皆さんにお伝えし、今年度は全て観光客の体験ツアーはお断りという決定でご連絡いたしました!!
すると政府は各国々との出入りも少しずつ閉鎖。これには本当に驚きました。国の政策より早い決定に安心は勿論ですが驚きが正直強かったですね。

この早い判断は、プロデューサーが何十年ものイベント制作に関わって来た経験からの結果なんでしょうが、中止ということにはかなりの勇気が必要だった筈です。でも答えは「生徒さんの安全」とだけ返って来ました。
私は言われるままに行動すれば良いので安心ですけどね。

今回は「湯沢公演」が控えているだけにどんな判断をするのかこちらも楽しみに待っているところです。

簡単に「休む」・・・と言いますが実に大変なことです。
なかなか都内の各お店や事業所の皆さんが休業判断を出来ないでいるのは「生活」がかかっているからです。これは私の教室も同じです。しかしプロデューサーは動じません。次から次へと策を講じるそのテキパキとした速さにはただただ驚かされます。
そればかりか、生徒の皆さん全員に日々きちっと連絡をとり「安心感」の中でお知らせを通して解禁日を待ちましょうと連絡しているようです。
プロデューサーの武勇伝は沢山聞いていますが、本当だったんです!!

私も生徒さんもこうして安心していられることは本当に幸せなことです。

困ったことを乗り越えてこそ喜びが待っているってプロデューサーの口癖ですが、その通りだと思います。 
時間があると一生懸命ペンを執り近況をメールでなくお知らせしている姿にも本当に脱帽です。

緊急事態が起きてこそハッキリ知ることが出来るんでしょうが「人を守る」とはそういうことなんだと思う。 確かに店を開けないと生活できない・・・となかなか店を閉じない人が多く居ますが、その店主の皆さんの気持ちは痛いほどよく分ります。

それは私どもも一緒です。
しかし、営業したら感染は防げないとのプロデューサーの潔い判断(けつだん)と実行力にはただただ驚きです。
つまりしっかりとした「覚悟」と「決断力」があるからこそこの行動力なんでしょう。私はただただ守られているだけです。

考えてみたら、私たちは医療関係者ではありません。もし、お手伝いできるとしたら拡大を防ぐ最高の努力を惜しまないということですね。
プロデューサーは笑顔です。人一倍元気です。どこからこんなパワーが生まれて来るんでしょうか!?
コロナがまん延する前から生徒さを、お弟子さんをいつも励まし勇気づけてくれています。ある生徒さんが、「私は本当に素晴らしい教室に出会いました」と連絡をくださいますが、一般の管理運営だけでなく人が困難に直面したときにこそ本性が現れることをつくづく痛感させられています。

今回のコロナ騒動が鎮まったらきっと素晴らしい舞台(湯沢公演)になるんだろうな・・・と確信しています。
動けないこの時間を最高の舞台にと構成・演出を本当にこれでもか・・・と今はその準備に余念がありません。

私の役割は、体調を崩さずしっかり準備するだけです。
このお休みに生徒さんからお稽古曲の依頼がプロデューサーに飛び込んでいるようです。「自宅で自主練したいから音源をください・・・」と。
嬉しいですね。 素晴らしい人たちに囲まれてつくづく私は幸せなんだな~・・・・と思います。

折角のお休みです。普段できないことをしっかりやり抜いて笑顔で収束を迎えたいと心から願っています。










 花まつりに・・・


花まつり

4月8日は紀元前563年にお釈迦様が生まれた日なんですね。  本当は素晴らしいお天気ですから浅草寺ではこんな(写真)風景が見れるはずだったんです。

コロナのせいで日本のこうした素晴らしい行事がことごとく中止になりましたね(涙) 青森のねぶたも、四国のよさこいも今年はどうしようかと検討中とか!?
祭りは人を元気にします。 本当は盛大に祭りをやってみんな元気になって欲しい。でもコロナでは怖すぎて人が集まれないですよね!!
私がお世話になっている愛媛の先生のところでもそれは威勢の良い祭りがあるんですよ。今年はやれるんでしょうか・・・。

毎日毎日先の見えない不安で心配ばかり・・・。 でも元気を出しましょうね。晴れ晴れとした日は勿論やって来ます。他人事でなく、個々がみなさん協力しあって早くコロナを追い出しましょう。

日本人が世界にみせる団結力。 日本人だから出来ると信じています。
こんなときだからこそ日本人としての心の持ち方を世界に見てもらいましょう。

お釈迦様のお誕生日は今年も穏やかで素晴らしい日本晴れ!! 少し皮肉ですね。

頑張るしかないから割り切りなさい・・・と言い聞かせ前を向いて歩くのみ。

健康でいれば良いことはきっと来るから。


 強い心をもってコロナに勝とう・・・


負けない-1

こんなとき、私に一体何ができるんだろうか!? 無力に近い自分が悲しくなることがあります。

どんなことがあっても日本の文化を、日本の伝統芸の灯を消してはいけない。 そう思うとじっとしていられません。お稽古してお稽古してみんなで心を奮い立たせないと・・・。
そう思ったら「よしやるぞ・・・」と一歩踏み出せます。午前中のニュースであのお笑いの大御所である志村けんさんの訃報が流れました。さすがにびっくりしましたね!!!あまりにも近い存在に思えていただけに心の動揺を抑えきれずにいました。

小池都知事が、安倍総理大臣が一生懸命国民に注意喚起していましたが、心に刺さった志村さんのその影響は計り知れないものがあったでしょう。日本中を笑いの渦に巻き込んだ人生はその笑いで育った人間にとってあまりにも衝撃的なニュースでした。

歌舞伎や能楽等々も立派な芸ですが、それ以上にお笑いに徹し多くの国民に与えた影響は改めてその大きさに驚きます。

私も日本舞踊やお芝居を通して35年が経過しようとしています。どれだけのみなさんに喜んで、どれだけの人に楽しんでもらえただろうか・・・。そう思うとまだまだですね。

ここまで来ると、日本の伝統を伝えるという意味では改めて腰を据え直さないといけませんね・・・とつくづくそう思います。誰かが「核戦争より凄い・・・・」と言っていました。医術が発達しても尚宿題は本当に多いということも改めて感じます。
お弟子さんの中に病院勤めの看護師さんが5人もいます。大変な中、お稽古も欠かさずやって来ます。頑張って欲しいと願いながらもそのお顔を見ていると安心します。
こんな時だからこそストレスとも戦わないといけない・・・・。そう思うと趣味も大切な宝物です。

私はプロデューサーにこんなお話を聞いたことがあります。「暇だから、時間があるから出来るだろう・・・」と思っていましたが、暇な人はなかなか時間を作れないんだよ・・・・」って!!つまり、忙しい人の方が何かにいっぱい挑戦している・・・と。
うなずけるところがありますね。暇な人?が2つのことをやるのに、忙しい人は同じ時間に5つも6つもやり抜く・・・・と言うんです。

大変です。どう対応して良いか本当に分かりません。しかし、からと言って困ったり恐れたりだけで何もしなかったら人間(ひと)は持ちません。それが読書でもいい、外に出れない時間をお料理に挑戦するのもいい、先日故郷の芸妓連の主宰者がこう言っていました。何もすることがないから、こんなときだから少し勉強会をしよう・・・・と普段出来ないことに挑戦していました。

ものの考え方ひとつですね! たまたま私には与えられた秋の公演が控えています。10月にはできるだろう・・・と信じ、その舞台には多くのみなさんに喜んで頂ける内容で・・・・。そう思ったらやることでいっぱいです。

つまり、気持ちの持ち方で強くもなれ、立派な舞台にすることも出来るということです。

恐ろしいほど先の見えない現状の中、自身が健康管理に気を付けることは勿論ですが、夢や希望を失ってはいけません。本当にそう思います。

雪下ろし

私が子供の頃、雪が降り続けると周りは全てこのようになります。雪国育ちでない人は分からないでしょうが・・・、1日かけて降ろした雪も翌日はまた1mも積もってしまう・・・!!雪を降ろさないと家はつぶれてしまいます。雪国の人間は自然との闘いに決して屈することはありませんでした。

降ろしても降ろしても・・・は今回のコロナ騒動にも少し似たところがあります。頑張れ!負けるな・・・・と言うところです。雪降ろしは外での闘い、コロナは外出できない闘い。

みんなで頑張って行きましょう。

 頑張ろう・・・、笑顔で


令和の雪

令和2年3月29日(日) 午前9時30分頃の浅草寺境内

コロナニュースがまん延する中、もう4月だというのに異変続きで世の中が分からなくなって来ました。
本当は外出してはいけないんだけれど、お買い物の途中に1枚。 写す瞬間小降りのショットですが、また降ってきたので急いで帰宅。

先日は、自分でも出てはいけないなって思いながらも外を回るだけなら良いだろう・・・と新装なった山手線の駅の写真だけ撮影に行ってきました。それから4日後「不要不急な外出は・・・」と都知事の声明。事態は日に日に深刻化を増しています!!


仲見世の雪

この写真は確か7~8年前の雪景色(仲見世)です。

今まさにこの状況です。 コロナコロナで店は閉まっていて人通りもこのような光景です。これが今の浅草だと思ってください。

昨日も安倍総理の緊急会見がありました。 「都市封鎖なんだろうか・・・・!」と一瞬ドキッとしますね。
仲見世が開かないと正直不気味です。
困ったときの観音様。近いだけによく手を合わせにやって来ます。ご利益はあると信じているから。

周りを見回してもそれぞれの企業、それぞれのお店、決して他人事ではありませんね。勿論、こんなときだからこそやれることは沢山あります。お陰様で自宅からお稽古場は近いので空気を入れ替えたお稽古場でしっかり「振り付け作業」。

あと少しで4月なんですよ。毎年訪れる明るいニュース。春だからこそですね。私も親戚の元気な坊やがこの春ピカピカの1年生です。新しい制服の社会人。桜が満開で日本は一番素敵な季節です。
なのに、ゴールデンも外出禁止になどなってしまったら本当に日本の経済はどうなってしまうんでしょう!!

日本の伝統を、日本の文化の灯を消すことなくますます元気に伝え続けないと・・・。 お陰様で生徒さんはみな元気で安心していますが、それに甘んじることなく笑顔でさらに頑張らないと・・・ですね。

先日岡部プロデューサーからこんなお話しにびっくりしました!!
プロデューサーは以前30名ほどの社員とともに制作会社を営んでいたことは知っていました。コロナの騒ぎが収まらない中、先日「私は社員を食わせていかなければならない・・・。当然毎日毎日営業に出ました。2時間3時間車で走るのは当たり前、片道4時間もかけての営業も少なくなかった。」・・・と。そして続けます。「行けば仕事が獲れるわけじゃない・・・。営業が不発に終わったときの夕食は車の中でソーセージ1本とオロナミンだけの食事だった」・・・そう語っていました。
仕事が獲れないんだから「食うな」・・・と言い聞かせたそうです。しっかりした夕食がとりたいために懸命に頑張ったんでしょうね!!家が建つはずです。

苦しいときは「ジョギングです・・・」とも言っていました。
しかし、今は出来るだけ外へ出ないでくださいの状況ですからね・・・。

プロデューサーは口癖のように言います。「考えてもしょうがないことは考えない」・・・と。強いですよ!

プラス思考で性格が明るいので私は本当に助けられています。
生徒さんやお弟子さんを日々励ます行動は想像できます。揺るがない精神力は本当に素晴らしいものがあります。

現在は、秋に湯沢の舞台が控えています。
多くのふるさとのみなさんに、このコロナを吹き飛ばすような舞台をお見せしたいですね。私も秋の開催に向けブレずに頑張ります。

桜ーA

隅田川ではこんな桜にも出会うことが出来ます。
必死で一生懸命花びらをひらく姿に感動しませんか!? この桜がそうであるように、一人一人が頑張れば必ず良いことが待っています。

台東区の中学校の生徒さんたちにもう10年以上もプロデューサーは教えてきました。毎年デンマークに親善大使として出かける学生に「頑張ろう・・・・、笑顔で・・・」と円陣を組ませ続けました。毎年届く学生さんたちの感想文に、「頑張ろう笑顔で・・・」の円陣のお陰でチームワークよく目的が果たせました・・・・と。

頑張りましょうね。  笑顔で。


 山手線を一周しました

上野

4月23日の連休明け、気分転換にと思い切って山手線の話題を追ってみようと出かけて来ました。

隅田川周辺は知っていても、上野公園はどんなだろう・・・と。 コロナ騒動で今年のお花見はどこも淋しい感じが否めませんね。
それでもやはり日本です。見て下さいこの整然とした光景!! ここ上野公園ですよ。
三連休の翌日(平日)ということもあってびっくりするほど静かでした。でも、思い切って出かけてみて良かった。

TNGW

これが新しく登場した「高輪ゲートウェイ駅」です。 おそらく私が利用することはないと思いますが、ホームに降りたらさすが広々と開放感があり床は木材のような素材で温かさを感じましたね。天井も高くゆったり感が魅力です。

これからの駅のモデルになるんでしょうねきっと!! 思い切って出かけて良かった♬


TNGW-2

ホームひとつ上の階に行くと広大な車両基地が山手線内では珍しい光景で目の前に現れます。こちらのビル群のみなさんはきっとこの車両基地の下に大きな地下通路が出来たんでしょう。車両基地には新幹線やいろんな車両を見ることが出来ます。


原宿

最後は「原宿駅」に立ち寄りました。 駅の目の前が竹下通りで有名ですね。遠くに見える三角屋根が旧舎。左側のガラス張りのビルが新しい駅「原宿駅」です。

原宿駅が新装オープンと耳にしていましたので寄って見ましたが大正解。明治神宮に行くときくらいしかなかなか利用しませんからね。

原宿4

そうです。この写真が従来の原宿駅だったんですよ。時計の下のシャッターが閉まっています。もうお勤めを終えたことを表しています。
後ろに見える森が神宮ですね。
久しぶりに原宿駅に降りましたが、どんどんとその風景が変わっていくことに驚かされます。考えてみたら、殆ど浅草から出ませんからまるで田舎から出てきたような錯覚にとらわれます(笑)
もともと原宿はおしゃれな街ですから新装なった駅舎がこれから馴染んでいくんでしょうね。

お休みだからゆっくり振付でもと思っていましたが、上野公園で帰るつもりが結局山手線を一周することになりました。

話題の先陣をきって「高輪ゲートウェイ駅」やまさか・・・「原宿駅」が新装なったとは・・・、ニュースでは聞いていましたが思い切って出かけることが出来ました。

東京の変化は尽きることを知りませんね。


プロフィール

波島流 波島陽子

Author:波島流 波島陽子


日本舞踊の指導日本舞踊全国公演
日本舞踊普及活動
結婚式オリジナル寿舞
外国人観光客向け体験(指導:監修)他

波島陽子オフィシャルサイト


日本舞踊教室

最新記事
カレンダー
04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク