FC2ブログ

 強い心をもってコロナに勝とう・・・


負けない-1

こんなとき、私に一体何ができるんだろうか!? 無力に近い自分が悲しくなることがあります。

どんなことがあっても日本の文化を、日本の伝統芸の灯を消してはいけない。 そう思うとじっとしていられません。お稽古してお稽古してみんなで心を奮い立たせないと・・・。
そう思ったら「よしやるぞ・・・」と一歩踏み出せます。午前中のニュースであのお笑いの大御所である志村けんさんの訃報が流れました。さすがにびっくりしましたね!!!あまりにも近い存在に思えていただけに心の動揺を抑えきれずにいました。

小池都知事が、安倍総理大臣が一生懸命国民に注意喚起していましたが、心に刺さった志村さんのその影響は計り知れないものがあったでしょう。日本中を笑いの渦に巻き込んだ人生はその笑いで育った人間にとってあまりにも衝撃的なニュースでした。

歌舞伎や能楽等々も立派な芸ですが、それ以上にお笑いに徹し多くの国民に与えた影響は改めてその大きさに驚きます。

私も日本舞踊やお芝居を通して35年が経過しようとしています。どれだけのみなさんに喜んで、どれだけの人に楽しんでもらえただろうか・・・。そう思うとまだまだですね。

ここまで来ると、日本の伝統を伝えるという意味では改めて腰を据え直さないといけませんね・・・とつくづくそう思います。誰かが「核戦争より凄い・・・・」と言っていました。医術が発達しても尚宿題は本当に多いということも改めて感じます。
お弟子さんの中に病院勤めの看護師さんが5人もいます。大変な中、お稽古も欠かさずやって来ます。頑張って欲しいと願いながらもそのお顔を見ていると安心します。
こんな時だからこそストレスとも戦わないといけない・・・・。そう思うと趣味も大切な宝物です。

私はプロデューサーにこんなお話を聞いたことがあります。「暇だから、時間があるから出来るだろう・・・」と思っていましたが、暇な人はなかなか時間を作れないんだよ・・・・」って!!つまり、忙しい人の方が何かにいっぱい挑戦している・・・と。
うなずけるところがありますね。暇な人?が2つのことをやるのに、忙しい人は同じ時間に5つも6つもやり抜く・・・・と言うんです。

大変です。どう対応して良いか本当に分かりません。しかし、からと言って困ったり恐れたりだけで何もしなかったら人間(ひと)は持ちません。それが読書でもいい、外に出れない時間をお料理に挑戦するのもいい、先日故郷の芸妓連の主宰者がこう言っていました。何もすることがないから、こんなときだから少し勉強会をしよう・・・・と普段出来ないことに挑戦していました。

ものの考え方ひとつですね! たまたま私には与えられた秋の公演が控えています。10月にはできるだろう・・・と信じ、その舞台には多くのみなさんに喜んで頂ける内容で・・・・。そう思ったらやることでいっぱいです。

つまり、気持ちの持ち方で強くもなれ、立派な舞台にすることも出来るということです。

恐ろしいほど先の見えない現状の中、自身が健康管理に気を付けることは勿論ですが、夢や希望を失ってはいけません。本当にそう思います。

雪下ろし

私が子供の頃、雪が降り続けると周りは全てこのようになります。雪国育ちでない人は分からないでしょうが・・・、1日かけて降ろした雪も翌日はまた1mも積もってしまう・・・!!雪を降ろさないと家はつぶれてしまいます。雪国の人間は自然との闘いに決して屈することはありませんでした。

降ろしても降ろしても・・・は今回のコロナ騒動にも少し似たところがあります。頑張れ!負けるな・・・・と言うところです。雪降ろしは外での闘い、コロナは外出できない闘い。

みんなで頑張って行きましょう。

スポンサーサイト



プロフィール

波島流 波島陽子

Author:波島流 波島陽子


日本舞踊の指導日本舞踊全国公演
日本舞踊普及活動
結婚式オリジナル寿舞
外国人観光客向け体験(指導:監修)他

波島陽子オフィシャルサイト


日本舞踊教室

最新記事
カレンダー
04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク