FC2ブログ

 溢れる愛情あって

デンマーク体育館

今年もまた最終日(研修)を迎えました。  始まるまでは大丈夫かしら・・・・といつも悩みや心配から入ります。
全員が揃ってのお稽古が出来ない中で焦りも感じました。
しかし、デンマークへ行く親善大使たちのくったくの無さが幸いしてか、もう1時間だけ頂いてまとめ上げることにしました。

立秋も過ぎましたが、猛暑は遠慮なしに体力を奪ってまだまだ当分大変な暑さが予想されています。

この暑さの中、来年の今頃はオリンピックの熱戦が繰り広げられているんですよね。 正直止めないととんでもないことになってしまうのではと思うほどじりじりした毎日です。

今年でとうとう11年連続で教育委員会の要請(日舞指導)をこなしました。 11年。感慨深いですね。

しかし、この11年を通して私より凄い指導を毎年目の当たりにして来ました。

私はそこまで知らなかったのですが、毎年のデンマーク行に選ばれた親善大使(17名)に対する指導の凄さ。
当教室のプロデューサーのことです。
研修が始まる前に「デンマークへ行く意味」などを説いたプリントを配っての指導。 最も大切な「伝えることの大切さ」の指導は見事としか言いようがありません。
だから「笑顔」が必要なんだ!!  だから「挨拶」が大切なんだ!!  全ての指導がそこに結び付いていました。
事前のこのレクチャーなくして5時間で日舞を完成させることにはつながらなかったでしょうね。

「分りましたか?」に対しての返事が小さければ「聞こえません」・・・・と容赦なしにやりなおし。 しかし、歴代の親善大使(こどもたち)からはこの行事が終わった後、感謝の手紙や感動の寄せ書き。 やった人にしか返ってこない「宝物」ですね。

選ばれただけあって理解の早いのはさすがですが、・・・・と言ってまだまだ子供から大人への階段はほんの少し登り始めたばかり。
一見、厳しい指導に見えますが「信念」と「覚悟」をもった行動に私まで身が引き締まる思いです。
この指導に引率する若い先生も何度涙したことでしょう。  今どき珍しい熱血漢です。

しかし、だれよりも愛情あっての指導は、後に感動しかないんですね!!  令和の今に、まだこんな指導者がいましたよ。
それが私のチームで良かった。

今年もきっと、素晴らしい成果をもって帰国してくれることでしょう。

8月21日の出発ですが楽しみですね。


スポンサーサイト



プロフィール

波島流 波島陽子

Author:波島流 波島陽子


日本舞踊の指導日本舞踊全国公演
日本舞踊普及活動
結婚式オリジナル寿舞
外国人観光客向け体験(指導:監修)他

波島陽子オフィシャルサイト


日本舞踊教室

最新記事
カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク