FC2ブログ

 日本のまつり・ふるさとのまつり

祇園祭山鉾

コンチキチンの祇園囃子が夏空に響き、山や鉾が京都の目ぬき通りを通りゆく山鉾巡行は祇園のハイライトですね。

私も一度は実際に観てみたいと思いながら今日まで来てしまいました。
伝統を受け継ぎ1200年というから凄いですね。 厳かで瞬間タイムスリップしそうな深い感動を覚えます。

地域興しは「祭り」だと言います。 博多・大阪・都内は神田祭りや三社祭り等々。 青森のねぶた、仙台の七夕。秋田には「竿灯」というお祭りも。

日本を元気にする祭りは日本全国それこそ津々浦々に至るまでいろんなお祭りがあります。


絵どうろう1

私の故郷、湯沢市は「小野小町」で有名ですが夏になると七夕に行われる「絵どうろう」まつりは一見地味に感じますがそれは幻想的でもっとも日本らしい祭りだといつも思っていました。
ネット社会だから検索すればすぐに分かりますが、この素晴らしい「絵どうろうまつり」を皆さんにも是非一度観て頂きたいですね。

絵どうろう2

夏の風物詩と言ったらイベントの最高峰に花火大会を挙げますが、こうした各地それぞれの伝統はそれぞれそこに全て物語があって大きな感動と風情を感じます。
日本の祭りこそ歴史そのものです。  祭りは町を元気にしてくれます。
いまでこそ観光化されてしまったきらいもありますが、各市町村あげてそれらの伝統を守ってもらいたいですね。

祭りの原点は「祈り」とも言われています。
世界平和を願って開催される「オリンピック」はまさにその象徴のようなものですね。

故郷を愛し、この時期に帰省できるのも本当は昔も今もまったく変わっていないはず。
変わってしまうのは人間(ひと)の心なんだと思うと淋しい気もします。

仕事の関係でこんなに素晴らしい故郷の祭りさえ観に行けずにいますが、ここに紹介させていただくことでほんの少しだけでも参加させて頂いているつもりでいます。

日本全国の祭り実行委員会のみなさん、毎年毎年本当にご苦労様です。

今年からある人にお願いし、故郷湯沢市の活性化に少しでもお力になれたらな・・・・とこの「絵どうろうまつり」を取り上げて頂きました。集客の一貫としてお役に立てることを願っています。







スポンサーサイト



プロフィール

波島流 波島陽子

Author:波島流 波島陽子


日本舞踊の指導日本舞踊全国公演
日本舞踊普及活動
結婚式オリジナル寿舞
外国人観光客向け体験(指導:監修)他

波島陽子オフィシャルサイト


日本舞踊教室

最新記事
カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク