FC2ブログ

 宮沢賢治からの贈り物


                     雨ニモマケズ

          生前発表された宮沢作品はとっても少なかったと聞いています
                しかし「雨ニモマケズ」はあまりにも有名ですね

                    今回の震災の東日本地区の皆さんに
                   岩手県出身の宮沢賢治さんの詩を借りて
          今こそ思い返して頂きたい作品と思うのでエールと一緒に贈ります
            この内容は作者が自身を励ますための作品だったそうですよ

 
                「雨にも負けず」 


                      雨にも負けず、風にも負けず
                      雪にも、夏の暑さにも負けぬ、
                          丈夫な体をもち
                       慾はなく、決して怒らず、
                       いつも静かに笑っている
                      一日に玄米四合と、味噌と、
                         少しの野菜を食べ
                          あらゆることを、
                        自分を勘定に入れずに
                        よく見聞きし、分かり、
                          そして忘れず
                       野原の、松の林の陰の、
                     小さな、萱ぶきの小屋にいて
                       東に病気の子供あれば、
                        行って看病してやり
                        西に疲れた母あれば、
                       行ってその稲の束を負い
                       南に死にそうな人あれば、
                    行って、怖がらなくてもいいと言い
                      北に喧嘩や訴訟があれば、
                     つまらないからやめろと言い
                       日照りの時は涙を流し、
                       寒さの夏はおろおろ歩き
                  みんなに、木偶坊(でくのぼう)と呼ばれ
                   褒(ほ)められもせず、苦にもされず
                     そういうものに、私はなりたい



                 みんな一緒です 諦めないで!


スポンサーサイト



プロフィール

波島流 波島陽子

Author:波島流 波島陽子


日本舞踊の指導日本舞踊全国公演
日本舞踊普及活動
結婚式オリジナル寿舞
外国人観光客向け体験(指導:監修)他

波島陽子オフィシャルサイト


日本舞踊教室

最新記事
カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク