FC2ブログ

 元気な心で第一歩

躍動感

もう、入道雲ですね!!  コロナ・コロナと騒がれて5ケ月が過ぎようとしています。 桜が咲く前でしたね!!
まさか、こんなことになることを誰が想像したでしょう・・・・ !!

自然災害も、いつ何が起きてもおかしくない時代になってしまいました。今、こんなときにあの東日本大震災のような災害が起きたら一体どうなってしまうんでしょうね。
この雲を眺めながら改めて平穏な日々を思い出していました。「やっぱり普通がいい・・・」
私も含め、特に日本人は平和ボケしてしまったんでしょうか・・・。「当たり前」だったことが、今は決して当たり前なんかではありませんね!!それだけに、1日1日を大切にしなきゃ・・・とこれほど痛感したことはありません。

ただ、私にはとっても嬉しいことがあります。 この状況下で「自粛」という言葉がとても大きな足かせになっているようにおもいますが、それでもお陰様で浅草のお稽古場は皆さん元気にまたお稽古再開されました。それどころか、6月だけで5名もの入会希望体験者が訪れ、そのまま7月もすでに3名の体験予約を頂いています。

みんな頑張りたいんだ・・・・。そう思うと責任すら感じますね。
「日本舞踊を習いたい・・・」の一言は私にとってどんな薬よりも起爆剤(とっこうやく)になります。

この雲はやがて本格的な入道雲となり、また美しい日本の秋の姿を見せてくれるはずです。

温泉に行きたい・・・・、秋の京都に行きたい・・・とみなさん夢(けいかく)でいっぱいでしょう。
安心・安全を心に収め行動すれば大丈夫です。

一歩外に出ればやはり素晴らしい日本でいっぱいです。

とにかく負けずに元気な心で頑張りましょう。


スポンサーサイト



 非常階段宣言

EV2A-11.jpg

いよいよエレベーターの取替工事が始まりました(2.6/15)記念の日ですね。まさに我がマンションの緊急事態宣言ならぬ「非常階段宣言」といったところです!!!!
最新鋭のエレベーターで防犯にも安全にも快適感でも最高との触れ込みなのですが・・・。
家宝は寝て待て・・・でしょうか!!? 12階から・・・、13階から・・・!!?これを往復するのは地獄です(涙)
これがなんと2週間ですよ!!

お稽古にはどうしても出かけなくてはいけないので・・・・
中越地震の時にエレベーターが止まり、歩きましたが結構キツイんです。

EV2A.jpg

工事中なので非常階段も汚れていますが、知らないで来る宅急便屋さんはビックリするでしょうね。
コロナのこの時期、もう少し自粛しなさいということなのでしょうか!?

新しいエレベーターは楽しみですが何もこの暑い時期に・・・・!!
私の場合、毎日立稽古の時間が長く足腰には自信がありますが、こんなときはせめて3階くらいまでに住んでいたら・・・と思いますね。
これでテイクアウトなんか頼んだら大変!! まだまだ我慢の日々です。



 波島教室の歴史

ここからスタートしたんですね!!
稽古2A

平成19年にスタートした私の日本舞踊教室。 
懐かしいですね! 浅草にはこのように日舞の貸しお稽古場はいくつかありました。
この写真は「言問ステージ」という貸し教室。その他、仲見世通りの「飯田屋」さんの稽古場。そして浅草公会堂前にあった「三善」さんの教室。よく通いました!!
当時はまるで民族の大移動を思わせるお稽古状態。
3~4軒の空いてる教室を借り歩きながらの教室運営でした。
1週間に3度ほど場所が変わる事や駅から少し歩かなければならないのが難でした。それでも踊りが好きだということで一人・二人と増えてゆき3年後にはなんと専用のお稽古場が誕生しました。
振り返ってみると私たちがお世話になった貸し教室は全て現在無くなっています。早めに専用稽古場を開設したこと、先見の目がありましたねプロデュサーは。

お稽古3A

沢山の皆さんがお祝いに駆けつけてくださり当時は盛大に「お稽古場開き」を行うことが出来ました。
当時から在籍しているお弟子さんも振り返ったら感慨無量でしょうね。移動しなくていい固定した専用稽古場があるってとてもありがたいことです。
何でも過ぎてしまえばその頃の嬉しさが薄れてしまう・・・。この場所を探してきた当社のプロデューサーの先見の目というのでしょうか、今思えば凄い決断力でした。
雷門通りまで10秒でありながら表通りに面していないのでなんとも静かな場所にあります。
お稽古場でボリュームを上げて歌のお稽古をしても音が外に漏れない。勿論二重サッシになっているからですが最高のお稽古場の誕生でした。


お稽古1A

特別に注文した日本間用のサッシがお稽古場にふさわしく最高の環境が整いました。

よくプロデューサーは私を評価してくれますが、そうではないんですよ。ここまで自身を犠牲にし教室の為に頑張ってくれるリーダーはなかなか居ないですね。

私が優しいのではなく岡部プロデューサーが凄い人なんです。ここまで生徒さんやお弟子さんを大切に出来る人を見たことがありません。それでいて人一倍自身には厳しい人です。
「若いみなさんの夢の実現に向け応援したい」と。
お弟子さんの中にはプロデューサーを「お父さん」と呼んだり、「団長」と呼んだり・・・。つまり応援してくれるから応援団長なんでしょう・・・・ね。ピッタリです。

勿論多くの、本当にいろんな若者が集まってきますので性格も夢もまちまちです。
遠く故郷を離れ、ご自分の趣味を・・・に対し心の底から向き合って夢の実現に向け応援するまさに正真正銘応援団長です。

私より芸能事に関わっていた年月が長いせいか舞台等については大ベテランです。私はただ一生懸命お稽古をしていたら良いという安心感の中で・・・・、なんと幸せなことでしょう。
今回のコロナ騒動でも、その判断の速さは大変なものでした。緊急事態宣言が発令される前から4月と5月はお稽古休み・・・と即休業宣言。生徒のみなさんの安心や安全を第一に・・・、本当に脱帽です。

「ここは学校なんだから・・・」と、その運営に対する姿勢はとっても厳しいんですよ。少し昔のやり方が顔を覗かせる私に対し、「キチンと時間は守ってください・・・」とか、「お茶のみ話はほどほどに・・・(笑)」・・・とか。
つまり、節度のある立ち振る舞いを要求されます。もう慣れました(笑)がそのお陰でこれだけの生徒さんを教えることが出来ているんですね。

最初の頃の方が会場探しで大変だったと思いますが、現在の80余名のスケジュール管理にはただただ頭が下がります。
現在はコロナ騒動の真っ只中ですが、教室を開校してからも東日本大震災や様々な出来事がありました。
水害や熊本地震他、その時々に必ず出身者がいて、そうしたみなさんを励ましながら応援してくれています。退会者の少ないのはそうしたことが要因なんでしょねきっと。

これからも更に多くの生徒さんとの出会いが待っていてくれるんだと思います。その都度、きちっとした面接が出来て尚夢を与え、その夢の実現に自らを厳しく律しながら歩いている。
教室の歴史になりましたね。本当にこんな管理運営者のいる教室を見たことがありません。

よく、日本の文化とか伝統を・・・と言いますが、プロデュサーほど心から日本人の心を大事に大切に多くの生徒さんのために尽力している人は居ないでしょうね。

これだけの騒ぎ(コロナ)になり、安心してお稽古に打ち込める今、改めてつくづくそう思いました。

やる気のある多くの生徒さん、更に実力を増しているお弟子さんをそんな環境の中で改めて私の責任を感じます。
コロナが収まったら、ひと皮もふた皮も良い方向にむけていることを実感したいですね。

更に笑顔いっぱいの日本舞踊教室であるために。


 コロナに負けない笑顔

雷門1A

教室にも2ケ月ぶりにやっと従来の笑顔が戻って来たようです。

お弟子さんたちが、今か今かと楽しみにしていた外出。お稽古帰りのお2人がこれから浅草をご案内しますって感じですね。
待ちに待った外出の日はとっても良いお天気なのにまだまだ人通りは少なく、お稽古場がこうして浅草にないとこんなチャンスにはお目にかかれません・・・と大喜び。

雷門2A

今回もまたカメラマン(プロデューサー)が同行なのでまさに撮影会です。これが本来の仲見世ですが、残念ながら観光客の姿は殆ど見なかったそうです。

三社祭
(2019年5月の三社祭り:お稽古場前で)

本当は毎年5月中旬に行われる「三社祭」も今年は延期となりました(涙)。 
聞けば今年は日本列島全て祭りは「中止」となったみたいですが、やはり担ぐ神輿は国の繁栄の象徴だから祭りはきっとやりましょうね。
私たちが予定している秋(10/24)開催の湯沢公演。決行か延期かは7月の判断になりますが、いずれにしても心が晴れ晴れとするような・・・そんな舞台にと出演者全員お稽古に余念がありません。
先日の花火のように、上を向いて、明るく元気に・・・です。お陰様でうちのプロデューサーは明るさと元気は誰にも負けないのでお弟子さんや生徒さんはどんなに勇気づけられているか・・・、ホントにありがたいです ♬
やっぱり、浅草は祭りが似合います。日本各地にも素晴らしい祭りがいっぱい。決してコロナなんかに負けて欲しくないですね。

庭園1A

今回お二人はスチール撮影を兼ねて元気をパチリ。 お稽古場の近くにこんな素晴らしい日本庭園があって絶好の撮影ポイント。
日本舞踊をお稽古することで自然と身に着く「しぐさ」(写真)は優しさでいっぱいです。

庭園2A

楽しそうですね!!♬  
見せて頂いた写真は何と1200枚もあるのでどれを掲載しようか迷いましたが、時間ないのでとりあえず選んで載せました。
もう少し早い時期ですともっと新緑が綺麗なんだけど、負けない笑顔で撮っていましたね(拍手)

庭園3A

「先生、マスクが要らないって凄いですね~♬」
少し暑かったせいか誰も居ない日本庭園。ラッキーでしたね。人混みで凄い浅草の近くにこんな憩いの場があるんですよ。プロデューサーはこういう場所を本当によく知っていますね!!行動って起こしてみるもんです(痛感)。


庭園4A

今度は振袖の時期に出かけたら良いと思う。 
湯沢公演の為に順番に予定している撮影もスケジュールを合わせるのが大変のようですが本当にここまでしてくれるスタッフはなかなか居ないですよね。
いつもそう思うのですが、日舞を習ったらいつか写真を撮ってあげましょう・・・は私にとっても助かります。

コロナ・コロナでもう5ケ月目に突入。 
感染の恐ろしさは人々の心まで変えてしまったようにも思います。
それでも、負けずに「笑顔」を求め、楽しさを提供するプロデューサーの姿勢に感動すら覚えます。

嬉しいことに、教室に通うみなさん誰一人体調を崩す人もなく、こうして笑顔を運んで来て下さいます。
健康で居てくれてありがとうって叫びたい。
笑顔はまさに財産です。

まだまだ決して予断は許さない状況が続くと思います。 
夜の街に誘うのではなく、こんな素晴らしい場所に連れてってもらえるって本当に幸せですよ。

見ていて心洗われる思いです。 

さあ!これからも感染には十分気をつけて笑顔満載で歩き続けましょう。

素敵な写真をありがとう。私も益々頑張らなきゃ・・・。




プロフィール

波島流 波島陽子

Author:波島流 波島陽子


日本舞踊の指導日本舞踊全国公演
日本舞踊普及活動
結婚式オリジナル寿舞
外国人観光客向け体験(指導:監修)他

波島陽子オフィシャルサイト


日本舞踊教室

最新記事
カレンダー
05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク