FC2ブログ

  喜びいっぱいのお話です


波島陽子社中の嬉しい1日

浅草1

天候が心配されましたがなんとかボランテイアの前後は降らずにいてくれました。
この会場(老人福祉施設)はお稽古場から徒歩5分と近いのでときどきお邪魔させて頂くんですよ。いつも私たちの方が勇気をもらえるねって言いながらのボランテイア。

利用者さんは全員が車椅子というお年寄りのみなさんばかりですが、地元浅草っ子が多いだけに芸事には目が肥えているんですね。
それだけにお弟子さんたちは踊っていても良い緊張感があったと思います。


浅草2

観客(利用者さん)からはため息や「可愛い・・・」の連発。
これは一生懸命お稽古をしている証です。 このお弟子さんは役者志望だけに取り組む姿勢が違いますね。お稽古は本当はそれが一番大切です。

将来が楽しみな若者です。 
覚えが早く、形も美しいので今回は特別に踊ってもらいました。連れてきて正解はお客様のお顔で分かります。

ベテランも交えての今回の構成は70名ほどの利用者さんの心をみな奪ってくれたようです。
嬉しそうに、楽しそうにしていた姿は今も脳裏から離れません。 さくらさくらの作品は殆どの人が口ずさみなが観てくれました。来て良かった・・・・の瞬間です。

こうして生徒さんも段々日舞の楽しさが分ってくるんでしょうね。ボランテイアだからこその醍醐味でしょうか!?


浅草3

なんと彼はニュージーランドから50日ほど日本にやってき来ている男性です。 気づきましたか、日本人ですよ。
ご家族全員でニュージーランドに移住した理由が、ニュージーランドの皆さんに「日本の文化」を普及させるため・・・とか!?

私のお稽古場に来て約1ケ月になります。 どうしても1曲踊れるようになって帰りたい・・・・とお稽古に向かう姿勢は本当に素晴らしい。

勿論日本舞踊を向こうに普及させるって言っても日舞はそれほど甘いものではありません。だからこそしっかり習いたいととても一生懸命でした。今月あと2回ほどお稽古がありますが、12月にはニュージーランドへ帰ります。

「先生、また来年来ていいですか!? いや来たいんです。」とまるで少年のような爽やかさ。さすがに打たれましたね。「近いうちにボランテイアがあるので簡単な作品(練習中の)を一緒に踊ってみますか!?」に「ハイ!!」・・・と即答でした。

実は彼はこんなお話を以前してくれました。 彼がニュージーランドに行って暫らくすると向こうでお財布を拾ったんだそうです。
「なんだろ・・・!」、しっかり現金の入ったお財布!! 中を見たら持ち主に連絡できる情報が入っていたのでお返しする為出向いたときのエピソードを聞いてください。
「これ***さんのお財布ですね!?」と尋ねると「そうです」とびっくりしたお顔で即答。「わざわざ届けてくれたんですか!?」と相当驚いたようです。落とし主が財布の中身を確認したときです。「えっ!・・・・、現金がそのまま入っている・・・???」とその驚きようはすごかったそうです。
「なんでですか・・・!?」と尋ねると落とし主は「だって現金は抜き取るでしょう・・・・」と返答。
「どうして現金を抜き取らずにそのまま返したんですか!!??」に「私は日本人だからです」と答えたそうです。

このお話しを聞いたとき、この男性に日舞を教えることは素晴らしい・・・と思いましたね。 拾った現場でも通りがかりの人が財布を拾う瞬間を見て「ラッキー・・・ね!」と声をかけられたそうです。

長い事日本舞踊を指導していますが、こんなにも清々しい出来事(だんせい)は初めてでしたね。

それで今回のボランティアにお誘いしたという訳です。





スポンサーサイト



  芸能生活35周年記念公演

訪問A

念願叶って故郷湯沢でそれも私の芸能生活35年を記念して公演を開催することになりました。
昨日はその表敬訪問で湯沢市の鈴木市長さんにお会いして来ました。 左側の和服の男性が「湯沢湯乃華芸妓の主宰者でいらっしゃる阿部一人師匠さんです。

来年の詳細は

粋と艶との花舞台
日時:令和2年10月24日(土)
会場:湯沢文化会館
(秋田県湯沢市)  


波島陽子社中と湯乃華芸妓さんの合同公演です。

詳しくは
03-6231-7064
または 0183-56-5182



素晴らしいお座敷芸が観れますよ♬
喜んで頂ける舞台になるようお弟子さん共々頑張って準備(おけいこ)に入りました。楽しみにお出かけください。

この時期は秋田が一番美しい季節です。 美味しいものがいっぱい、素敵な温泉もいっぱい。今から舞台を観ての秋の旅行を計画して是非お出かけくださいね。

プロデューサーのブログ「幸せ探しの部屋」で検索すると湯乃華さんの素敵な情報も満載です。「湯沢湯乃華芸妓物語」連載で載っています。

昨日はその公演のご挨拶に湯沢市の鈴木市長さんにお時間を頂きご挨拶に伺って参りました。
ふるさと訛りが心地よくとても嬉しかった。 故郷はいいですね。







  素晴らしい輝きの三重奏

祝賀P-1

ついもらい泣きしてしまいました。 というか不思議な感動を頂きました。
お稽古日なので実際のパレードは観ることができませんでしたが、祝賀御列の儀はこの日を祝うかのように朝から雲ひとつない日本晴れに恵まれ、私のようにパレードを観に行けなかったみなさんもきっとテレビにくぎ付けだったんじゃないですか!?

よ~く見てください。 雅子皇后さまの目に涙が溢れているのが分かりますか!? 感動で胸が詰まる思いでした。
ところが私のテレビ画面の撮影は大成功♫
キラキラと降りそそぐ木漏れ日にティアラが輝き、溢れる涙が輝いている三つの素晴らしい輝き。 美しすぎました。


祝賀P-2

もし私の記憶に間違いがなければ、126代の天皇だそうです!!
戦争を知らない天皇陛下が、令和を平穏無事に導いてくれそうな素晴らしい祝賀御列でした。

沿道にはどのくらいな観衆の数だったんでしょうね。 この佳き日にすぐそばでパレードを観れた人は幸運でしたね。
100%と思えるスマホでの撮影!! でもこんな1枚を撮れた人はなかなかいないのでは・・・・。

良き時代であって欲しい令和の天皇。 そっと支える皇后様の涙が本当に印象的でついもらい泣きしてしまいました。

木漏れ日とティアラ、優しさに溢れるその涙。 日本の心そのものでしたね。

留学時代に日本文化を広められたという皇后さま。  令和を期待しましょうね。





 夢を諦めないで

初冬の朝

令和になりましたね・・・・。  そう思ったらどうしたんでしょう!! またも自然災害に遭い日本列島はずたずたにされてしまいました。
まだ家屋の修繕が無いまま或いは家を失って避難所生活を余儀なくされているご家族。どう言葉をかけたら良いのか全くわかりません。
「がんばって・・・」なんて言えないんです。でも頑張って欲しい。
解決しないまま何も無かったように立冬がやってきました。浅草は雲ひとつない快晴に恵まれていますが複雑です。

それでも元気な人まで滅入っていないで元気に年末を迎えましょう。どこかで、誰かが元気にしていないと日本が沈んでしまいます。
人の力ではどうすることも出来ない自然災害。明日は我が身かもしれない。用心に用心を重ね夢を諦めないで新しい年を迎えましょう。良いことがきっと来ると思えば夢は叶うと思うから・・・・ね。







 踊り用品の飯田屋(浅草)さん

飯田屋

どう言葉で表現して良いか分かりませんが、とにかく嬉しい、ただ嬉しい。ありがとう飯田屋さん。

そうなんです。7月に閉店してしまったときはどうしようもないほど淋しいというより悲しかったですね。それが辛さにまで変わってしまうほど飯田屋さんの閉店はショックでした。
場所もいいし、品ぞろえも最高。教室の生徒さんには全て紹介していました。 確かに日本女性の着物離れが多くなり踊り用品の製作会社の皆さんも需要が無いわけだから大変ですよね。
傘や扇子等々も中国での生産に変わり、注文数(ロット)が多くないと作らないとか・・・(涙)

4年ほど前にデンマーク行きの生徒さんに雪靴や藁草履をお土産にと品物を探しました。 雪国十日町の市役所に問い合わせたら1軒だけ頑張って創っているお爺ちゃんがいますよ・・・・と紹介されましたが、もう殆ど居ないそうですね。
送っていただいた藁草履を見て、ああデンマークへ上げるんじゃなかった(笑)と思ったくらい素晴らしい作品でした。

日本舞踊も同じかもしれません。
しかし、お陰様で私の教室には若い女性でいっぱいですが、やはり習いたい人だって少なくはないんですよね。
外国人の皆さんが何故日本にやってくるのか・・・・!? それはまぎれもなく日本の文化に触れたいからです。月に何組かの外国人観光客の団体さんに日本舞踊体験を楽しんで頂いていますが、みな口々に「日本は素晴らしい」「日本は美しい」と言ってくださいます。
日本人の私たちがもっともっと自信をもって日本の文化を、日本の伝統を大切に守り抜かないといけないんです。
そうすれば、お店も製作会社も日本の伝統を守れるんです。 洋風が悪いとは言いません。 しかし、日本の文化を、日本の伝統を素晴らしいと話すのが外国のみなさんより日本人であって欲しいし、私たちがもっともっと自信をもって継承していかないといけません。

あの美しいお月さんにかぐや姫がいるのなら、うさぎがお餅をついているのなら行ってみたい。 そうした美しさが失われることでもっと大切なものまで失いたくないですね。
飯田屋さんがお店を閉めると聞いたときは本当に言いようのないショックでした。 新しい文化も悪いわけではありません。日本には素晴らしい「和の文化」が伝統としてあるのだから、こうしたお店や職場が無くなってしまわないよう皆さんで応援してください。

日本舞踊も、踊るも観るも楽しくて良いものですよ。浅草に来たら、一度是非寄ってみてください。

わーって思うのはみなさんが日本人だからです。













プロフィール

波島流 波島陽子

Author:波島流 波島陽子


日本舞踊の指導日本舞踊全国公演
日本舞踊普及活動
結婚式オリジナル寿舞
外国人観光客向け体験(指導:監修)他

波島陽子オフィシャルサイト


日本舞踊教室

最新記事
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク