FC2ブログ

  新米が届いて大喜び

KYOUEN

ひさしぶりにのんびり出来た休暇でしたが、なんとそこにこんなにも嬉しい贈物が♬

贅沢ですよね! 秋田と新潟の競演です。  都会にいると気づかない季節。確かに田舎はそうだった。
そう思うと故郷湯沢の紅葉が浮かんできます。 

食べたい新米がこうして現地から・・・♬ まさに競演ですね。

さあ!どちらから頂きましょうか!?  やったことないけど両方をブレンドしてみましょうか!?
贅沢~・・・・  考えもしなかったけど一度やってみましょう ♬

何が嬉しいってやはり故郷の味は最高ですよね。  嬉しい休日でした。



スポンサーサイト



  日本が大好きな海外のお客様

集合写真

またまた台風の影響で朝から凄い雨!!

今日はアメリカから団体ツアーだ・・・と思いホントに朝から憂鬱でした。

ところが見てくださいこの明るい笑顔。 お稽古場内は日本晴れです。 玄関ではどうなるんだろう・・・と思う程衣服(コート)がびしょぬれでそれは大変!!
いつものことですが、乾いたタオルで拭いてあげるとそれが珍しかったようで相当数シャッター音が聞こえました。

日本が大好きで年間多くのみなさんがやって来られますが、昨今の自然災害には困ったものですね。
良いハプニングならともかく、せっかくの楽しい思い出づくりが台風や地震では辛いですよね。

雨くらいなんとか気分をひっくり返せる。 そう思って今日も頑張りました。質問も多く、何よりカメラのシャッター音にはいつも驚かされます。
楽しく、良い思い出づくりのお手伝い・・・と思うと工夫のし甲斐があります。



稽古・体験

先にお扇子を渡したらこの通り!! 全員が真似をするんですよ。 特に日本舞踊は珍しいようです。

この間も外は大降りだったんです。 ほんの瞬間だけでも雨を忘れ夢中になって頂けたようでホッとしました。

聞いてみたら勿論お扇子を持つのは初めてだそうです。 今回のお客様は本当に熱心にビデオに収めていましたが、楽しい思い出になったでしょうか・・・!?

日本を代表して「日本の伝統」や「文化」を伝える機会があるということはありがたいとともにとても感謝でいっぱいです。


もっともっと工夫を重ね、今まで以上に日本を大好きになってくれたらと責任を感じながらも楽しく過ごさせて頂いています。















  幸せ探しの部屋

きりたんぽ1

食欲の秋ですね~・・・とお話しようと思ったら、先日プロデューサーに見せて頂いた百年料亭石川さんの写真を思い出し改めて舌なめずりしてしまいました!!

料亭での味付けはさぞ美味しかったでしょうね。

私も故郷が秋田(湯沢市)なので年に何回か田舎の親戚から贈られて来ます。 懐かしさと人情がいっぱい詰まっているようでその都度故郷を思い出しながら頂いています。

プロデューサーは私より先に百年料亭へ行ったんですね!!
そこで、秋田美人に会って来たって。 「妻君ある人秋田に来るなら、心コ固く持て 小野小町の生まれ在所 美人がうようよだ」

よほど素敵だったんでしょうね!! びっくりしました。 なんと、まるで湯沢の・・・・、いえいえ湯沢湯乃華芸妓さんの宣伝マンかと思うほど湯沢湯乃華芸妓さんの記事を連載しているではないですか?!!

「先生、湯沢には素敵な芸舞妓さんたちがいるんですね・・・」って逆にお弟子さんに教えてもらいました。 凄い凄い凄い!!

私も知らなかったここまでの湯乃華芸妓さん。
なんと「湯沢湯乃華芸妓物語」として本格的に連載を始めていました!!! まさに湯沢市の広報そのものですね。

「幸せ探しの部屋」で検索するとすぐにヒットします。 恐れ入りました・・・です。

でも、嬉しいですね。
令和になったばかりに、プロデューサーは湯乃華芸妓さんの主宰者阿部さんに会いに行ったことは知っています。阿部さんを応援してあげてください・・・とお願いしたのは私ですから。
それを、いつのまにここまで。

湯沢出身としてはこれ以上ない感激です。  きりたんぽも美味しいですが「湯沢湯乃華芸妓」さんの魅力が満載です。
是非「幸せ探しの部屋」をお気に入りに入れて皆さんにも見て頂きたいですね。

「幸せ探しの部屋」「幸せ探しの部屋」「幸せ探しの部屋」・・・ですよ。 今度は私も「幸せ探しの部屋」の広報にならなきゃね・・・。

きりたんぽも暖まりますが、幸せ探しの部屋「湯沢湯乃華芸妓物語」はもっと暖まりますよ。

わたし、思うんだけどこれは是非秋田のみなさんに見てもらいたいですね。 なぜか元気になります。





  小野小町は故郷自慢

小町 1

秋田の女ご 何してきれいだと聞くだけ野暮だんす・・・

「秋田音頭です」・・・ と始まるとご免こうむりながら話しかけるような秋田さ来てたんせ・・・の楽しい歌です。

ご存知小野小町は世界三大美女と言われた日本を代表する美人。 やっぱり嬉しいですよね。
私も小野小町が生まれたとされる小野には近いところで生まれました(笑)

クレオパトラ、楊貴妃、そしてこの「小野小町」。 私は上京して34年になりますが、故郷の何が自慢てやはり「あきたこまち」と「小野小町」でした。自然の美しさは勿論ですが、日舞をやっていて特に小野小町の衣装は一目置いていましたね。

の色は うつりにけりないたずらに わが身世にふる ながめせしまに

もうご存知の、はかなくも散ってゆく桜の花と女性としての自分の衰えた美貌を重ねた本当に今も昔も変わらない女性独特の憂いを歌ったとても理解しやすい歌です。

この美しさの要因を知らない人は多いと思いますが、遥か昔、日本海を渡ってこの地へやって来たモンゴル・ツングースの北方アジア系の人々との交流が美人を生んだのではないかと言われているようです。
その美人に、更に磨きをかけてきた秋田の風土を見逃してはならないようです。
ご存知のように、冬が長く短い日照時間が一層肌を白くし、きめ細かな肌をつくったようです。ここで見逃してはならないのが、湯沢自慢の温泉です。まるで化粧水といわれるような温泉。これを産湯にして育った秋田の女性の肌、白いのも当然でしょうね。


あきたこまち

世界三大美女の次は日本三大米「あきたこまち」まさに素晴らしいネーミングですね。

最近新潟県の魚沼産「うおぬまのこしひかり」の新米が沢山届きました。
たまたま昨日のクイズ番組で「日本のお米の生産量ランキングは」・・・という問題が出されました。一番は「新潟県」でした。そして二番目が「北海道」。秋田が三番目に顔を連ねていましたよ。


小野小町

お稽古場の前は浅草の雷門通りです。

毎年様々なイベントで本当に1年中お祭りのようです。 この写真が時代まつりのときに登場した「小野の小町」。
多くの生徒さんたちもこの時ばかりはうっとり! 日本舞踊に関わっているだけにご自分もこの衣装を身に着けてみたいんでしょうね。日本舞踊を習っている若者の着物姿はまた格別ですよ。

このとき、「ああ!やっぱり秋田はいいな~」・・・・と思うんですよ。

湯沢をではなく、日本をいや世界三大美女と言われたわが故郷自慢。 地元の皆さんも大変でしょうが、是非自信をもってもっともっと大々的にアピールして頂きたいですね。

芸事を続けて34年も頑張って来たのだからいつか故郷へ恩返ししないといけませんね私も。








  頑張ってくださいね

-1満月

満月の夜、秋田で観えたお月さまですと写真が送られてきました。  これは専門家が撮影したんでしょうかね。
素晴らしい1枚に何故かほっとしたところです。

ご存知のように、先月の千葉県を中心としたあの台風の被害。 今回はニュースに脅かされ脅かされて不安だらけだった19号。
一体地球はどうなってしまったんでしょね!!
海面が暖められたことが最大の原因らしいですが、つまり「温暖化」の影響です。 被災されたそれぞれの家を観ると決して他人事とは思いません。

どうして良いか途方に暮れるみなさんをみると居たたまれなくなってしまいます。
あれだけ暑かった夏も過ぎ、朝晩は寒いくらいです。 どうぞ体調を崩さず負けないで頑張ってください。

このお月さんは全てを知っているんでしょうね!

どうぞ良い奇跡が起きますように。




 施設への慰問

ボランティアB-2



いよいよ芸術の秋本番。 全国各地で日本舞踊もその多くが披露されています。

お陰様で私の創った作品が多くご披露されていることをお聞きすると嬉しいですね。 日本の伝統も文化もご存知のようにどんどん形を変えています。

昨日テレビでびっくりしましたがお着物を外国のガウンに仕立て直してそれがどんどん評判を得ているとか!!?
それだけ日本の製品が素晴らしいということですがそれにしても少し淋しいような気がします(涙)

私は、若いみなさんにお一人でも多くこの素晴らしい日本の伝統芸に親しんで頂きたいと教室を開校しました。
お陰様で今では想像をはるかに超えた生徒さんとなりみなさん本当に日舞を楽しみ頑張っています。


そんな中、どこでも開催される発表会が現在全国で開催されているようですが、その舞台にまだ立てない人も勿論います。
ご存知のように浅草は芸能に長けた先輩がたくさんいらっしゃいます。

地の利でしょうか、私たちはこれらの施設でもその機会を頂いて生徒さんがその日を楽しみにしているんですよ。。

この秋もやはりボランティアで出演させていただくことになりました。
お稽古場のすぐ近くにあるこの施設、80余名の利用者さんでいっぱいになります。

嬉しいんでしょうね! とっても楽しみにしていたことがよく分ります。それだけに「一生懸命踊ろうね」・・・を合言葉に踊らせて頂いているんですよ。

みんなお着物を楽しんだ大先輩です。 「その笑顔を見るだけでこちらの方が幸せをいただけます」と生徒さんたち。

令和になって最初のボランティアですが今回も喜んで頂けるよう頑張りたいと思います。




プロフィール

波島流 波島陽子

Author:波島流 波島陽子


日本舞踊の指導日本舞踊全国公演
日本舞踊普及活動
結婚式オリジナル寿舞
外国人観光客向け体験(指導:監修)他

波島陽子オフィシャルサイト


日本舞踊教室

最新記事
カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク