FC2ブログ

 三社祭りは最高でした

200万人が集まった浅草三社祭り

S-1.jpg

雷門を見てなにかにお気づきですか!?

そうなんです。 大きなあのちょうちんがたたまれていますよね!!
宮出しは6時に始まり、一の宮・二の宮・三の宮様(それぞれ神輿)がここを通って浅草の町に繰り出したというわけです。
だからこのようにたたまれているんですよ。


S-2.jpg

これが雷門前から見た雷門通の光景。 突き当りがお稽古場のあるところです。
まさに嵐の前の静けさです


S-3.jpg

お稽古場前の町内神輿も今や遅しと担ぎ手のみなさんを待っていました。


S-4.jpg

先に雷門通りに到着したのは私の住んでいる町内神輿でした♬


S-5.jpg

チビッ子も早く早く・・・・と待ちきれないようですね。 祭りにチビッ子は欠かせません。


S-6.jpg

なかなか見る機会のない交代式の光景です。 写真の奥の方に入って来たのがなんと一の宮様です。
その前に大勢座っているのがこれからバトンタッチして交代する担ぎ手のみなさん。
このカメラの位置がお稽古場前になるんですね。  本当に最高のポジションでしょう!!♬
神輿の手前に次の担ぎ手が逸る心を押さえている鼓動が伝わってくるような光景は迫力満点です。


S-7.jpg

見てください。 これが宮神輿なんですよ。嬉しいことに一の宮様です。
この神輿を担ぎたくて全国からやって来るんですね!!

好天に恵まれ、令和最初の三社祭りは大変な賑わいでした。
お稽古場でゆっくりお酒を楽しんだりおしゃべりしたり、音がしてから出て行ってもこの通りこんな素晴らしい神輿を観れるんです。


S-8.jpg


今年はこの祭りに200万人の観衆が集まったそうですが、実際にはそれ以上だったはずです。

3日間とも好天に恵まれた三社祭り。
この日豪雨で大変な被害があった地域もあったようですが、けが人や遭難者は一人もなく素晴らしい三社様の想いが伝わったような気もします。

令和最初の三社祭り。
お稽古場も食べたり飲んだりおしゃべりに拍車もかかり楽しい祭りになりました。





スポンサーサイト



 波島社中にも春

ボランティアにて


令和最初のボランテイア活動で近くの老人介護施設に伺って来ました。

こちらの施設はお邪魔するようになって今回で3回目になりますが、伺う度に勉強させられます。

毎日毎日お稽古していますが、お稽古だけでは上達しません。
このようにお客様の前で演じてみて初めて分かることが、気づくことが本当にたくさんあるんですね。

お写真のお弟子さんは5歳の頃から習い始めて今年もう中学校の2年生です!!
踊り心が身に着いてきたのかどこへ出しても恥ずかしくない力をを得ました。 入居者のみなさんの喜びようはなににも代えがたい尊いもののよに思います。

参加してくれた他のみなさんの意気込みもこちらが嬉しくなってくるほどその熱意とともに会場を盛り上げてくれました。

中に、大正生まれのおばあちゃんもいらしゃって大正・昭和・平成、そして令和と・・・・大きな意味を持ちそうな大切な時間を過ごすことが出来ました。



ボランティアにて2

最近は(今年に入って)実に多くの新人さんが増えてまだまだお顔とお名前が一致しない中、そうした若者の皆さんにもいつかこうした機会にご一緒できたらな・・・・と楽しみにしているところです。

浅草はまもなく「三社祭」です。
お祭りは不思議と人々を元気にしてくれますが、私たちもお一人でも多くのみなさんを元気に出来たらどんなにか素晴らしいでしょうね・・・・と思いながら頑張っています。

着物は本当にいいですよね。
イタリアから、韓国から、台湾から等々日本舞踊に惹かれてやって来られます。
それだけに責任も感じますがそれ以上にやりがいがあって心が奮い立ちます。

春だから、5月だから、気候もよくなって過ごしやすくなってきました。 私も5月生まれなのでこの時期は何よりも嬉しい季節です。
令和になってやることがますます増えたようにも思います。

恵まれた環境、何より素晴らしい生徒さんたちとの毎日は本当に幸せです。

素敵な春ですね。






 日本舞踊の醍醐味



日本舞踊の醍醐味は令和でも


5月の人

いろんな意味で話題の尽きないゴールデンウィークでしたね。

今回からこのブログは左寄せでの編集で載せることにしました。 スマホでご覧になっている方から中央揃えは文字が飛んで見づらいとの指摘があり確かめたらその通りでした(泣)



あの華やかな桜から踊りの舞台にぴったりな藤の花が今が盛りと咲き誇っています。
何気なく「体験」「体験」と新しい人の体験を繰り返して来ましたが、今年は1月からとっても不思議なんですよ!!

今までに記憶がないほどの日本舞踊を習いたいとその申込みで本当に新人さんが増えました。
「令和」になって、日本の伝統や文化はどうなるんだろう・・・・と心配していたのは事実です。
でも、心配は要らないようでした!  今までにない多くの若者が門を叩いてやって来る姿に令和の若者も捨てたものじゃないな・・・・って。

着物の美しさと言いますが、そうじゃないんですね。
日本人の心の優しさは「思いやり」であったり「優しさ」であったり等、日本人の心に纏うからこそこの美しさが際立つとどなたかが言っていましたが、ホントにそうですね。
写真のように、「初めて浴衣に手を通しました・・・・」という若者がこんなにもお似合いなんですからね!!

勿論、日本舞踊を学ぶことでその美しさは更に増します。
女優を目指しています・・・・・といった人は別として、その殆どが「日本人だから・・・」とか、「美しいしぐさを身に着けたい・・・」等々は嬉しいです。

昭和から平成。 これだけでも何かが大きく変わりました。
私がこのお仕事をしているからでなく、令和になったことを契機に更に「日本の文化」「日本の伝統」を見直してみたいなって強く思うようになりました。

体験されて、「楽しかった」・・・・と言われると言葉にならない喜びに変わります。
「ああ! やっぱり日本人なんだな~・・・・」

もっともっと楽しんで頂けるよう頑張んなきゃ・・・・。

そう思えるだけで幸せです。

3~4日に老人介護福祉施設へのボランティアで7人ほどで踊って来ますが、施設利用者さんはその殆どが生粋の浅草育ちの皆さん。  手拍子しながら、涙しながら喜んでくださいます。

ここでのお弟子さんの晴れやかなお顔。
嬉しさ、喜びが飛び交ってとても良いお稽古になります。

新しい生徒さんも1年もしたら参加できますね。






 陽子そ令和



                      よ う こ そ 令 和

 令和の幕開けに

               
                早いですね! お稽古場をオープンしてもう12年になります

         オープンした翌年の春に起きたあの東日本大震災は今でも鮮明に覚えています
              震災の年の秋に予定していた第一回目の発表会をどうしようか・・・

            当時は東北出身の生徒さんも居て本当に開催どころじゃなかったんですよ

                 それでも多くの生徒さんの希望で開催まで漕ぎ着けました
              考えてみたらなんと災害の多かった「平成」だったように思います

           桜から藤の花に、そして朝顔・紅葉等々チーフが教室を飾ってくれました

              殆どが若いお嬢さんですが、先輩諸氏や役者志望の男性等々も
                       この道場で技を磨き続けてくれました

           このお稽古場は親戚の叔父が心を込めて作ってくれたので今尚新築同然
                 明るく綺麗なお稽古場は世界各国からの訪問もあって
                        確かな歴史を刻んでいるようです

           そして何より、 1日も休まず勤めあげることができたのも健康あってですが
                         本当に「健康こそ財産」ですね

               浅草という地の利でしょうか新たなお稽古希望の皆さんも多く
                     ますますお稽古場は賑やかになっています

       令和という時代になって、更に日本の伝統や文化に親しんでくださる人々に出会い
                 その継承に少しでもお役に立てたらなって思っています

          秋田の自然の中で生まれ育ったせいか雪が消えて迎える春は大好きです
               この新しい「令和」も、春のお花に迎えながらの誕生でした

                  梅の時期に詠われた万葉集からということでしたが
             辛抱強く春を待つとのその歌の意味にこの「令和」は心が躍ります

                  時代がどんなに変わっても、日本の心を表現し続け
                   令和も日本人らしく歩いて行きたいと思っています


                    どうぞみなさん、令和も宜しくお願いいたします












プロフィール

波島流 波島陽子

Author:波島流 波島陽子


日本舞踊の指導日本舞踊全国公演
日本舞踊普及活動
結婚式オリジナル寿舞
外国人観光客向け体験(指導:監修)他

波島陽子オフィシャルサイト


日本舞踊教室

最新記事
カレンダー
04 | 2019/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク