ボランティア会場で





                   喜んで頂けて良かったです

 ボランティア3

             ときどき施設訪問(ボランテイア)をさせて頂くことがあるのですが
             今回も12名ほどでお稽古場近くの福祉施設で踊らせて頂きました

        1時間の公演はあっという間ですがプロデューサー(司会)のお話の楽しさもあって
              会場の利用者さんも笑顔と大きな拍手で楽しんで頂けたようです

 おかめひょっとこ

               5才の頃からお稽古してもう中学1年生になったお弟子さん
                  堂々とした踊りとコミカルな舞いに会場は大喝采

                 それぞれ、生徒さんは日頃のお稽古の成果を発表
                70余名の観客の前でしたが都内でも大きな施設ですね

 ボランテイア2

         この中(写真)にメガネをかけた女性が居ますが、実は彼女香港から一昨日来日
                26日に日本舞踊体験がしたいとお稽古場にやって来ました
                     それがなんとなんと上手いのなんのって・・・
         感性豊かなんでしょうね!センスもあってとても初めてとは思えないくらい!!!

                   体験を終えると、「明日も来ていいですか!?・・・」
               それで昨日浴衣姿でボランティアの舞台を見学されたんですよ

                他の観光を中止しての同行に他の生徒さんんもびっくり!!

          今日は富士山に登るって言っていましたが、そのパワフルな行動力にびっくり
               とっても楽しく素敵な思い出になりましたと浅草を後にしました

             いろんな人たちがこうして楽しんでくださることに従事できて幸せです

             多くの観衆の前で踊れるってとっても素晴らしいお稽古になるんですよ
        観てくださった方々の反応を目の前で受けながら、これに勝るお稽古はないですね
                         
                          みなさん! お疲れ様でした




スポンサーサイト

 三社祭は大盛況


               浅草・初夏の風物詩「三社祭」

 三社A

                     今年も18日から始まった恒例の三社祭

     浅草神社の氏子四十四ヶ町を中心に五月の第三金・土・日曜日に行われ、江戸風情を残し
      つつ勇壮且つ華やかな神輿渡御を主として、三日間に亘り約百八十万人の人出を数える
                        日本を代表する祭礼のひとつ
     江戸風情の残る下町浅草が1年でもっとも活気付くと云われ、東京の初夏を代表する風物
                        詩の一つになっているんですね

            お稽古場はこの写真の目の前にありますがなんと幸せなことでしょう

      三社祭の初日は、お囃子屋台をはじめ鳶頭木遣りや浅草の各舞、また芸妓連の手古舞や
      組踊り等で編成された「大行列」が浅草の町に祭礼の始まりを告げ、東京都無形文化財指
                      定の「神事びんざさら舞」も奉納されます。

      二日目には、「例大祭式典」が斎行され、その後に「町内神輿連合渡御」によって浅草氏子
      四十四ヶ町の町内神輿約百基が神社境内に参集し、一基ずつお祓いを受けて各町会を渡
                        御しますがこれもまたにぎやかです。

                  昨日来た日本舞踊見学ツアーの外国の団体さんは
             この賑やかさもきっと体験したんでしょうからびっくりされたでしょうね

      最終日の今日はは、宮神輿三基「一之宮」「二之宮」「三之宮」の各町渡御として、
      早朝には神社境内から担ぎ出される「宮出し」が行われ、日中は氏子各町を三方面に分か
          れ渡御し、日没後に神社境内へ戻る「宮入り」を迎えて祭礼行事が終わります。

 三社B

               実は生徒さんがお子さん連れて行きます・・・と前から連絡頂き
                    私も1時間ほど一緒に子供みこしを引きました♬

                               子供たちとお祭り
                      これに勝るものはないとつくづく思いますね

                      そしたらなんとなんと双子の勢ぞろい!!!
           若いママも頑張ってるな・・・・って思ったらお友達もなんと双子さんとか!!?
                  珍しいショットに私の方が楽しくなってしまいました♬
                 可愛くって可愛くってしばらく離れたくなかったんですよ

 三社C

                   子供みこしには欠かせないお菓子のプレゼント
                  いろんなところに休憩しますがそのたびのプレゼント

                持ちきれないほどのおやつにお母さんは荷物持ちで大変

 三社D

                   あちらこちらで見る光景はやっぱり浅草ですね~
                           みんな可愛い可愛い・・・

 三社E

 三社F

                浅草神社にもお詣りにと出かけたら丁度巫女舞の最中でした

               雅楽にのって舞う巫女舞はやはり厳かで美しく素晴らしいですね
          勿論、人・人・人で足の踏み場もないほどでしたが素晴らしいものを観れました

 三社G

        ここ2年ほどお稽古場の解放をお休みしましたが来年はまた再開しましょうかね

     祭りにはいろんな意味合いあって開催されますが、どこの何の祭りでもまず元気になれます

          五穀豊穣や様々な言い伝えがあってこれこそ伝統で素晴らしい文化です
               何故か、心が躍るのも間違いなく活力を招いている証拠です

 三社H

           浅草寺界隈をぐるっと楽しんで、夕方近くの自宅前に何と宮神輿が・・・
                 なんと、なんとなんとラッキーなんでしょうか!?


            今年もまた1年、生徒さんが健康で元気に通って来れますように・・・

                           素晴らしい三社祭りでした


























 皇居に魅せられたみどりの日




              念願の皇居へ行ってきました ♬

 皇居00

             いつか行ってみたい、いつか行ってみたいと思っていた念願の皇居

                珍しくゴールデンウィークは4日間の連休を頂けましたので
                   平成30年5月4日「みどりの日」はここを選びました

                  五月晴れが初めて訪れた私を優しく迎えてくれましたよ

                 子供の頃から見た光景は多くの観光客でいっぱいでしたが
                   わくわくする気持ちを抑えていよいよ皇居見学です

 皇居1

                   皇居って言いますが、つまり「江戸城」なんですよね!
                        そう思っただけでなにか心が逸ります

 皇居2

           カメラを構えている後方が丸の内のビル街、つまり東京駅方面ですが
                    こうしてカメラを覗いているとまさに別世界です

         もう夏を思わせる雲と暑い日差しを受けて一路大手門を目指し歩き始めました

 皇居3

         とても東京のど真ん中とは思えない光景にだんだん興奮してきましたよ(笑)

 皇居4

           いつか皇居に一般参賀の日に来てみたいな~って思っていましたが
          そう言えば来年の4月30日をもって平成も新しい元号に変わるんですね
                   そう思ったら余計愛おしささえ感じて来ました

          浅草(自宅)から30分ほどで来れるのに上京以来初めてというのが凄い

    多くの石垣を目にしますが、この石垣(石)には全て全国各藩の印があるって知っていましたか
                徳川の権力の大きさはこれから随所で観ることになります

 皇居5

              大手門から入ると同心番所・百人番所・大番所と目にしますが
               その屋根瓦の中にしっかり「葵の紋」を観ることができます

                   後方の緑とのコントラストがたまらなかったですよ

 皇居5-1

                階級では一番偉い武士が詰めたとされる大番所がここです

                 もうここまで来ると都会の騒音とはまったく無縁になります
                     まさにタイムスリップした江戸時代の世界です

 皇居8

             この日はもう初夏のような暑さで、木陰で涼を楽しむ人の多いこと

                  つまりこの広場が本丸大芝生と言われるところです

 皇居6

           寝っ転がって仰向けで空を仰ぐと風の音と木漏れ日で感動すら覚えます
             今度はおにぎりとシート持参で半日ほど森林浴を楽しもうかな!?

                      この涼しさ、爽快感は忘れられません

 皇居9

                   私のずっと後ろに(右)に大きな木が見えますが
                   その周りにいるのが先ほどの写真(大芝生)です

            そして私が指しているこの場所が「大奥」のあった場所(大奥跡)です

 皇居7

               この石垣こそが江戸城の「天守閣(天守台)」なんだそうです

       日本の象徴として、ここに江戸城の天守閣を再現させたらどんなにか素晴らしいだろう
                そう思い、噛みしめながらゆっくりゆっくり見て回りました

              このエリアは皇居東御苑といって富士見櫓や松の廊下跡等々
               まだまだいっぱいあってとても1日では回りきれないほど

            それにしても外国人観光客のみなさんの多いことに改めて驚きました

                 ホントです 百聞は一見 やはり見ることは大切ですね

       なかなか忙しくて時間が取れず、4日の連休をどうしましょう・・・と思っていましたが
           今回の皇居散策は思いがけず最高のゴールデンウィークとなりました

                       天候に恵まれたのが何よりでした

 皇居10

                    皇居内は本当に多くの森がありますが
                 木漏れ日を浴びたこんな光景にも出会えます

               今回のゴールデンウィークは本当にゆっくり出来たらいいな

             そう思っていただけに最高のご褒美を頂けたようなひとときでした





プロフィール

波島流 波島陽子

Author:波島流 波島陽子


日本舞踊の指導日本舞踊全国公演
日本舞踊普及活動
結婚式オリジナル寿舞
外国人観光客向け体験(指導:監修)他

波島陽子オフィシャルサイト


日本舞踊教室

最新記事
カレンダー
04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク