今年もありがとう

           今年も1年ありがとうございました

 ご挨拶


                 まもなく2017年も静かに暮れようとしています
                 みなさんにとって今年はどんな年でしたか!?

              私も風邪ひとつひかず、元気に1年お稽古場に通えたこと
                自分で自分を本当に心からほめてあげたいですね
          夏場にプロデューサーが「大腸ガン」だと聞いたときはびっくりしましたが
       本当に初期の初期で発見後すぐに取り除くことが出来たと言われほっとしました

                 私の大好きな愛媛の先生が入院されたと聞いて
                ここでも大ショック !!  でも退院できてよかった

          いかに健康が大切で有難いか!? 元気なときは分らないものですね

                勿論、病気になりたくてなる人などどこにもいません
       健康を過信しないで私も改めて気を配りながら来年は更に頑張りたいと思います

             今年も素敵な生徒さんが沢山教室に足を運んでくださいました
                    日本の伝統を、素晴らしい日本の文化を
              お一人でも多くのみなさんに、日舞を通してお伝えできたらな
                       そう思って今年も頑張って来ました

                 浅草に来るのが楽しみです・・・と笑顔で話す生徒さん
                    そうした純粋な心にも頑張りを頂いて来ました

                来年は更に飛躍の年になるように・・・そう思っています

                    その前に、シャンシャンを観に行かなきゃ・・・

                             来年も頑張ります

                           皆様、どうぞ良いお年を





スポンサーサイト

 先生作品完成しましたよ



          完成しましたよ💛 お待たせです

   新作1

            依頼されてから約1年も経過しましたがやっと完成しました

              実は大好きな先生に頼まれて頭をひねってきましたが
            なかなか振りが思いつかず長い時間かかってしまいました
                そしたら先生なんと入院してしまったそうで・・・
                      早くお元気になってくださいね

               これからプロデューサーが編集作業に入ります
             本当はクリスマスに送れたら良かったのにごめんなさい

           6分と長い大作ですがきっと喜んでいただけるよう頑張りました
             いつも思うのですが、先生は素敵な楽曲を選びますよね
                   私も、作品は楽曲次第だと思っています

             頑張って編集してもらいますのでもう少しお待ちください
                  忙しくてお便りも出せずにおりましたが
               無事撮影も終えましたので明日お手紙書きますね

                    なんとか年内には退院されますように
                 それと、風邪だけはひかないようにしてください

           早くお元気になられてこの作品のお稽古に入れるといいですね

                            頑張ってください











 振付作品の撮影でした




                💛 メリークリスマス 💛

 クリスマスケーキ

                       長い間お待ちどうさまでした

              1月に頼まれていた新作の振付作業が昨日やっと完了
             クリスマスでしたが頑張って2本の撮影が無事終了しました

                 スタッフの皆さんも本当にありがとうございました

       ご苦労様の代わりに「メリークリスマス」とプロデューサーからケーキの差し入れ
                 浅草で一番有名なケーキ屋さんの美味しいケーキ
                 忙しいなりにクリスマスも味わうことが出来ましたよ

                いつものことながら2本撮りはやっぱり疲れます(笑)
              それでもみなさんに踊ってもらえると思うと力が入りますね
            今年はこの作品が最後ですが、また1月から新作とにらめっこ!!

            このケーキを頂いて疲れがいっぺんに飛んでいってしまいました

          私から多くのみなさんへのクリスマスプレゼントと思うと張りが出ましたよ

                何の作品かって!!??  それは観てのお楽しみ ♬

                    さあ!今夜はワインでゆっくりしようかな 💛

                             お疲れ様でした
                    スタッフのみなさんもありがとうございました

                  帰ったら美味しそうなチョコレートが届いていました

                             やったね (^O^)/












 香香の切手シート

                


                可愛いシャンシャン(香香)


 パンダ


                 今年の6月12日に誕生した上野動物園のシャンシャン

                      上野・御徒町は大変なお祝いムードです

                     あれから半年! 今が一番可愛いときですね
               私のアプリもシャンシャンの保存でいっぱいになりました(笑)
               赤ちゃんは全て可愛いですが何故かシャンシャンは格別ですね

                記念切手が発売されたので何シートか手に入れたのですが
                      浅草郵便局ではもう無くなったようです!!

                      いろんなニュースを見ていて思うのですが
             これほど世の中を明るくしてくれたニュースはないんじゃないかしらね

             世の中をこれほど笑顔にしてくれるシャンシャンはまさに天使のよう

          チーフが生徒さんへの予定表発送でいつも記念切手を使っているそうなので
                 今度の機会に貼ってもらおうかな・・・と思っています

                            あっと言うまの2017年
                     来年も笑顔いっぱいな1年にしたいですね

         姪っ子から、東京に行ったらシャンシャン観に連れて行ってくださいねとありました
                あまり大きくならない内に観に行きたいと思っているんだけど

                            抽選なの、抽選なの・・・・







 お稽古場の大掃除


                お稽古場の大掃除第一弾
 
 大掃除


               いつも綺麗にしているつもりでもなかなかここまでは

                  お稽古場の衣装関係を全部出しての大掃除
              頼もしい若者に助けられて思いのほか早く掃除できました

              きちんと片付けているつもりでもこうして全部出してみると
                     「あっ! こんなところにあった!!!」
                          本当にこの連続です
                  
                 今年もお世話になりました・・・と衣装につい一言

            着物の小物等をみる度に「これ何ですか!?」と質問が飛んできます
              普段はなかなかそこまで教えられないことも良い機会でしたね

        着物類の管理は湿気を嫌うのでかなり注意していたのですが大丈夫でよかった

                
               あとは別棟の衣装倉庫が片付けば今年の大掃除も終了

                また来年も素晴らしい出来事(しごと)に会えるといいな
               そう思いながらお手伝いしてくれたお弟子さんたちと忘年会
                
            今月結婚した新婚さん(お弟子さん)を肴に楽しいひとときでした(笑)




 浅草寺歳の市 羽子板



                江戸の風情がいっぱいです

羽子板1

         この時期になると毎年のことですが、1年のあっという間を強く感じますね。

         毎年12月17日~19日までが恒例の「羽子板市」の開催期間中となります。
   今年は特に寒い歳の市になりそうですが是非浅草寺恒例の歳の市に出かけてみてください。

         年末の江戸風情を楽しめるこの行事はその年最後の行事となりますが、
      この羽子板市だけは不思議な魅力を醸し出し、見る人の心を楽しませてくれます。
   ご存知のように、陳列されている羽子板は装飾用の大きなものからお子さん向きのものまで
            その年の話題をネタにしたものを取り入れてとても賑やかです。

             特に浅草寺の境内は江戸情緒満載だからか余計映えますね。

羽子板2

         浅草寺での市は今年はこの羽子板で最後となりますが、この市というのは
         当初やはり近郷在住の人々の生活用品を商うためだったと言われています。

            雪国でもこうした市は開催されますが、まさにそれは生活用品です。

            特に昔見たその市の光景は手作りの農工具であったりですから、
                   藁で作ったものも多く出品されていましたね。

         私は秋田ですが、同じ雪国でもあの「こしひかり」で有名な新潟魚沼地区に
               二日町・五日町・六日町・十日町・・・・と今でもありますが、
           ここにはきっと三日町・七日町等々があったんじゃないでしょうか!?

             二日ごとに、六日ごとに市が開かれていたんでしょうか・・・!!?

            詳しくは知りませんが、知っている人がいたら教えて欲しいですね。

        雪国のわら細工は今では伝統民芸品で少しだけしか見ることがありませんが、
    実は3年ほど前に毎年デンマークへ姉妹都市の親善大使として出かける中学の学生さんに
         「米節」という踊りを披露の際、十日町の松代というところから「わら靴」を
                    頼んで創ってもらったことがありました。

           出来上がった作品を見たとき、実際には見るのが初めてでしたが、
              「つるの恩返し」だ!! そう思ったことを覚えています。

                    まさに生活そのものだったわけですね! 

              ところが、江戸浅草のそれはやはりひと味もふた味も違い
                 そこには「粋」であったり「華やかさ」であったりと
                 人々を楽しませるものが豊富にあったようです。


                      風鈴とか朝顔でもそうですが、
           日本人にはこうした風情を楽しむところがあったということでしょうか!?
 
                私も、せっかく浅草にお稽古場を持っているのだから、
             こうした風情や粋といったものを多少でも感じさせられるような
                 こだわりを持って日々精進したいなって思います。


       今年は団体さんツアーの契約があり、海外から本当に多くの観光客のみなさんが
                        教室に来て下さいました。 
 
              日本舞踊を通じ、何をお見せしても喜んで頂けるのですが、
              日本人でも懐かしいと思えるようなそうしたところに目を向け、
                     日本の伝統文化に触れて頂けるよう
             また一歩からのつもりで鉢巻を締め直したいなと思っています。

               すぐそばで開催されるこうした行事をそうした観点から
       もう一度みつめ直したら日本舞踊も何か楽しいアイデアに出会えるかも知れませんね。

            もうすぐ平成という元号が無くなるそうですが、どんな時代になっても
            日本の心を表現できるような伝統芸を一人でも多くの若いみなさんに
                        伝える意味でも頑張んないと・・・・

          今回の羽子板市、そういう意味でも今年は腰を据えて観てきたいと思います。




 日本舞踊体験の素晴らしさ




         本当に日本が大好きなみなさんです

 米 体験A


        7月から始まった米国人だけのツアーは本年度分が昨日無事終了しました

           他の旅行会社からもいろんな企画でお手伝いさせて頂いていますが
    この企画はまとめて1年のスケジュールが出され、それも参加者は殆どご高齢のみなさん
       長いことお着物の体験であったり、踊りの体験であったりはしょっちゅうでしたが
           ひとつの企画ものに「こだわり」をメークしてというのは初めてですね
        とにかく、みなさん日本にとてもご興味があって会場での眼差しは驚くほどです
            お迎えする方としてはこれほどやりがいのある企画はないですね

            約80分ですが、皆さんがお帰りになるとどっと疲れが出ます(笑)
              それはお客様の真剣さが伝わってくるから尚更なんです

             例えば、考えてみたらお扇子など触ったこともないわけですから
                
                その使い方をお見せするだけで解除はどっと沸きます
           説明した扇子の使い方を作品(踊り)の中でご披露すると拍手も来ます

      80分といってもほんの短い時間に思えるのは観る側もやる側も真剣だからでしょう!

        嬉しいことがあるとすれば、生徒さんがお客様の前で踊れるという機会です

            「美しかった」・・・と拍手や添えられた言葉に生徒さんも感動しきり

 米 体験B

    最後に、袖の感じだけ体験して頂こうと帯はせずに紐で結ぶだけの着物や半纏を用意

                   これでガラッと雰囲気も変わって来ます

                 「さくらさくら」・・・のさわりをほんの少しお稽古
                    もうここまで来ると撮影会です(笑)
           凄いのが、きちんと写したくて一眼レフカメラの多いのに感動!!

        本当にあっという間ですが皆さんそろって「素晴らしかった」のオンパレード

              私がお客様の年齢でニューヨークに出かけるかしら・・・

                お友達と、ご夫婦で等々様々なメンバーの笑顔
                 こんなにパワフルなご高齢者がいるんですね

         記念に写した内容が「日本は素晴らしかった」「日本舞踊は美しい」・・・と
              もっともっと喜んでいただけるよう頑張らないと・・・です

                寒い季節はお休みで、また3月から予定がぎっしり

                 いろんな生徒さんに参加して頂きましょう!!

           いつだったか、この人(生徒)お嫁さんに欲しい・・・と楽しいジョーク

                 笑顔と笑顔が織りなす素敵な文化交流でした

                     さあ! また来春から頑張りましょう

            お手伝い頂いた生徒さん! 頑張ってくれたプロデューサー

                        ありがとうございました




 日本舞踊の極意 自然体




                  自然体を学ぶ生徒さん

 自然体


                   私の教室に学ぶ生徒さんは沢山おりますが
                 やはり一番難しいのが心の表現じゃないでしょうか

    カメラを構えると決まって形を整える人が多いのは特に若い人にその傾向がみられます

          古典ものや日本舞踊は新舞踊ほどは表情を変えることはありません
                    しかし、新舞踊になるとまったく違ってきます
        つまり、新舞踊は、わかりやすく言えば演歌や歌謡曲を踊るのがそれですね
                つまり、演歌はまさに3分間のドラマそのものなんですね
      従って笑ったり怒ったり泣いたり等まさに演技力が必要と言って過言ではありません

                      上手くいくとそれは大喝采となります

           たまたまオーディションの写真撮影がお稽古場で行われたのですが
                カメラマンの注文はまさに心の表現を求めていました

           私の教室には演出のプロ(プロデューサー)がいてその点助かります

            実は今日のアメリカからやって来た団体さんへの日本舞踊体験でも
       普段は日舞を踊らないのですが、剣を持ってはその美しさを見せ感動を与えます
             理屈ではない美しさを知っているんだなってその度に感心しきり
             昨年の浅草公会堂での舞台はその恩恵を本当に多く頂きました

         今日の米国の団体さんが、「今までの観光(体験等)コースで最高の日でした」
                      これほど嬉しい言葉(感想)はありません
            プロデューサーはおもてなしの極意を知っているんだなと改めて納得

              教室には、プロになりたい生徒さんが近年本当に多くなりました
                このように写真を撮ってくれる人がどこにいるんでしょう!
     このように撮影時に気持ちの込め方を教えながらシャッターを押してくれる教室はないですね

                    そうなんです! これが表現の基礎となるのです

                        教えていることはまさに「自然体」です

             これ等を習得することで観る人を感動に導く表現師になれるんですね
                   1名に切ったシャッターはなんと800枚を超えました

            これらの写真を見せて頂いて、カメラマンって美しさを引き出す名人なんだ 
                     この現場に立ち会ってつくづくそう思いました

              人(生徒)それぞれ個性があります 個性があるから良いんですね

                他人の真似、有名タレント、憧れの人のようになりたいではなく
               自身の個性を生かし、引き出してくれる演出を目の当たりにして
                 ここの生徒さんは幸せだなって今更ですが痛感しています

                        自然体で表現できたらプロになれる
                プロデューサーは確信をもって突き進んでいるようにみえます

                  近々、ボイストレーナーに来て頂くことになったようですが
                           夢に向かってまっしぐらですね









プロフィール

波島流 波島陽子

Author:波島流 波島陽子


日本舞踊の指導日本舞踊全国公演
日本舞踊普及活動
結婚式オリジナル寿舞
外国人観光客向け体験(指導:監修)他

波島陽子オフィシャルサイト


日本舞踊教室

最新記事
カレンダー
11 | 2017/12 | 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク