FC2ブログ

  日光鬼怒川の旅




               天竺までの楽しい旅でした

          その旅は秋の日光東照宮からのスタートでした


        旅1

               心配していたんです! あの台風の最中だったから
           計画は8月に立てていたのでやっと取れたお休みは変更できず

        それでもすごいですよね! プロデューサーの晴れ男宣言は当っていました
           中国のお友達との待ちに待った2日間をもう一度歩いてみましょう

          24日と25日前はまさに大型台風が日本列島を我がもの顔の暴れよう

        ところが、なんとこの2日間は素晴らしいお天気に恵まれました(ラッキー!)

        旅2

                 東照宮の入口はこの通り、見事な秋のお出迎え
          東照宮は大きな杉の木に囲まれたまさに静寂の中の荘厳な重々しさ
                         徳川家康なんだ!!

      私は日光江戸村開村当時、仕事で半年近くいたのに東照宮は初めてなんです

         陽明門・三猿(見ざる聞かざる・言わざる)・眠り猫・家康公の墓陵等々
             改めて家康公の偉大さが分かる素晴らしい東照宮でした

           修学旅行生は勿論ですが、外国人の多いのに驚かされます
               浅草の観光地とそのスケールは大きく異なります



                    ここがあの華厳の滝です

        旅3

           今回の台風で被災されたみなさんには本当に申し訳ありません

           しかし、あの大雨で予想もし得なかった凄い滝に遭遇したのです
               普段は毎秒25トンほどの水の量(滝)だそうですが
          台風(大雨)の影響で毎秒約70トンはあるだろうと言われる滝の量

          滝の音は勿論、霧状に変わる水しぶき、そして恐ろしいほどの豪音
           こんな音も光景も生まれてこのかた見たことも経験もありません

           東照宮のずっと上の中禅寺湖のすぐそばにあるこの華厳の滝

               しばらくずっと手を合わせ一心不乱にお参りしました
                ここでのお祈りはきっとご利益があるに違いない

              電車で出かけた関係でバスでいろは坂を上っての感動
             華厳の滝だけで今回の旅を終えても良いくらいの感動です
                   今でも凄い滝の音が耳から離れません

             本当は普段はこの霧状の水しぶきが見えないんだそうですよ

               この日を選んだ日光の旅はまさに神がかりでしたね
      これもあの台風の影響かと思うと複雑ですが神が与えてくれた機会だと信じます



                    東武ワールドスクウエア

 旅4

       実は翌25日は日光江戸村を予定していたのに水曜日はお休みとのこと(涙)

            急きょ予定を変更して東武ワールドスクウェアとしてのスタート
                   お友達も突然の世界旅行に大はしゃぎ


 旅6

          全てミニチュアで出来ていますがまさに本物そっくりにびっくり!!

エンパイアステートビルやバッキンガム宮殿・世界に名だたる有名な建造物がここで全て観れる!!

 旅8

                さすが、特に中国エリアは楽しんでもらえました

 旅9

                  私たちが旅している間は降らないという奇跡

          これから三蔵法師一行とずっと旅が続くようなゆかいで楽しい旅でした

 旅10

              プロデューサーに最高の宿を用意して頂いて満足満足

                鬼怒川温泉で一番と言われるホテルは全てに最高

               夕食は本当に豪華そのものでとても食べきれません
          料理長がわざわざご挨拶に来てくださって、「いかがでしたか!?」に
                     顔をほころばせるのが精いっぱい

         山梨の「鐘山苑」も素晴らしくて5~6回行きましたがここを定宿にしたい
                         料理長にそう伝えました

         なかなかお休みが取れない私に素晴らしいプレゼントを頂き感謝感謝です

          東照宮から華厳の滝、翌日はゆっくり東武ワールドスクウェアオンリー

                      浅草に着いたら雨模様!!!!!

                鬼怒川温泉は浅草から近いから本当に便利ですね

                    ゆっくりさせて頂いて本当にありがとう




スポンサーサイト

 温かな贈り物に・・・




                ふるさとからの贈りもの

 贈り物

                   冬は寒いから味噌汁がうまいんだよね
                     うまい味噌汁 あったかい味噌汁

                      これがおふくろの味なんだね~

               こんな唄が流行っていましたね!! 千昌夫さんの



                もう11月の下旬並みだって予報でした!!!!!!
           霧雨のような雨もずっと真剣に降ってくるとびしょびしょになります

                今日はお休みで寒い外はごめん・・・と思っていたら
                    「宅急便です」・・・とピンポンが鳴りました

         大きな段ボール箱にはお米やお酒、リンゴ等々まるでクリスマスみたい
               上京してからずっと母が贈ってくれていた段ボール
              中にはジュースや山菜、お米や野菜がいつもいっぱい
                      特に故郷の味だから格別です

                  結婚してから「お酒」が増えたかな!?♬
                それでも母のその気持ちがいつも嬉しくて・・・

                 天国へ逝ってからもう何年にもなりますが
       この段ボール箱は母から弟が受け継いでいつも季節の香りを贈ってくれます

              段ボール箱を開けた瞬間その温かい気持ちが溢れます
            子供のようにのぞき込む楽しみはずっと今でも続いています

             秋田米や新潟米を頂いて殆どお米を買うことはありません
      さっそく新米を炊いてみましたが、光り具合といいふっくら加減につい「さすが~」
         この嬉しさ、喜びは故郷とつながって特別な喜びに浸れる瞬間なんです

       
                     家族なら当然というかも知れません
        でもずっとずっと続く温かさに弟の子供たち(兄妹)ももうすっかり成人です
          母のお葬式には無邪気にはしゃいでいた子供たち(甥と姪)なのに
                  私(伯母)さんも年をとる訳だ・・・・!!!(笑)

                     温かな心を運んでくれたダンボール
                 たくさん頂いて風邪ひかないように頑張らないと

          あまりにも外が寒かっただけにいつもよりずっと温かさを感じました

           


                       嬉しかったです  ありがとう




  原点の大切さ



                 芸の原点に気づくこと

 瞼ー1

               久しぶりにお芝居調の振付作品に挑んでみました

                みなさんがご存知の長谷川伸作「瞼の母」です

        お芝居がやりたくて上京しましたが、そこは女剣劇の大御所淺香光代師
    当時は先生が全盛の頃で私はおかげ様の運の良さで修行を重ねることが出来ました

    おそらく忠太郎を演じたら先生の右に出る者は今でも見当たらないんじゃないでしょうか
           何か、時代劇の原点がそこにあるような素晴らしい演技でしたね

             役者というものは持って生まれた何かがなければならない
         ある意味やろうとして出来る範疇には無いということです特に時代劇は

     勿論、基本日本舞踊の心得があると無い差は目に見えて大きいものがあります
      師匠が淺香流ですから淺香流を通して徹底的に日舞のお稽古を重ねました
        それでも、美しさを求めれば求めるほど他の流派にも挑んでみたい
      そう思ったのがきっかけで花柳流を学び西川流の先生にも指導を仰ぎました
   しかし、現在振付けをしていて思うことは、お芝居(時代劇)をしていて良かったという事
     もし、このお芝居の経験が無かったら「振付師」にはなれなかったと思っています

 瞼ー2

                  特に新舞踊は「芝居心」が何よりも必要です

                  教室には役者志望の若者がとても増えました

                        私の基本はやはり古典です
          古典をしっかり踊れるようになってその古典の基本を生かした作品作り
       頑なにその信念(おもい)だけは変えずに作品創りに取り組んでいるつもりです

             よく、私の舞台を「お芝居を観ているようです」と言われますが
                まさに新舞踊はお芝居そのものと言って良いでしょう
                   分かりやすいからお客様は涙したりもします

                      完成した映像を見てドキッとしました
            どこかに師の面影があるように思うのは気のせいなのかな・・・・と

             今でも思いますよ 師の舞台にもう一度ご一緒させて頂きたい
                先生はまもなく90歳になるんですね 感慨無量です
       一世を風靡した先生に就いて学べたことの全てが今の私の代えがたい財産です

             なかなか、本物の時代劇に遭えなくなってしまった昨今ですが
        本物の素晴らしさにこれからも挑戦し続けながら若者の育成に従事出来たらな
        作品を制作しながら「原点の大切さ」を改めて思い知らされた気がしてなりません

          日本舞踊・新舞踊に関わっている以上、この心決して忘れてはいけない
                          日本人なんだからね

                 今回の作品づくりでつくづくそう思い知らされました








 日本の素晴らしさ



           結婚してください・・・に大爆笑♬

 米国2

             今日も多くの外国人観光客の体験ツアーで大賑わいでした

        日本にいらっしゃるみなさんは一様に日本語にも興味を持って来られます

      お弟子さんの舞いが済むと、「私と結婚してくださいべっぴんさん!!」とジョーク
                  歌舞伎や芸者・サムライ・・・のイメージが強く
      それらにちなんだ作品を踊って差し上げるととても嬉しそうに目を輝かせていました
              日本の伝統や文化に興味を示して頂けるって嬉しいですね

         夢中で行われる体験はその盛り上がりでついつい時間もオーバー気味

 米国1

     踊りのご披露を終えて日本舞踊での小道具小物の説明にはこの通りパチリパチリ

                   みなさん口をそろえて「美しい・・・・」と
                 興味を示すって素晴らしいことですね本当に
          事前に調べて来るせいかときどきドキッとするほどの質問もあります
               日本人でありながら「もっと勉強しなきゃ・・・!」が実感

             もっと研究し、もっと喜んで頂けるような準備でお迎えしなきゃ

                         つくづくそう思いました




プロフィール

波島流 波島陽子

Author:波島流 波島陽子


日本舞踊の指導日本舞踊全国公演
日本舞踊普及活動
結婚式オリジナル寿舞
外国人観光客向け体験(指導:監修)他

波島陽子オフィシャルサイト


日本舞踊教室

最新記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク