若者の舞台に感動!

        


                  美しさを求める若者たち

 りは1

     先日東京タワーの近くで日本舞踊と殺陣を披露しながらのディナーショーが行われました

         写真はリハーサル風景ですが、お弟子さんの頑張りに胸が高鳴りましたね
        本番でも一番大きな拍手を貰えましたねとスタッフで駆けつけてくれた生徒さん

         みるみるうちに腕をあげる若者をみていると頼もしさでいっぱいになります
       少しずつ日本舞踊のイロハが理解でき、客席から贈られる拍手で自信につながり
                          どんどん成長してゆく

         本番では本衣装に包まれて7名の若者たちはのびのびと舞ってくれました

 りは2

                   殺陣チーム4組 明治座チームの皆さんも加わり
                         多くの刺激を受けながらの舞台

               他チームを観る目は真剣そのもの、勉強になったことでしょう

                   私にもプロデューサーにも大きなこだわりがあって
                  殺陣もしっかり日舞を学んで欲しいと願っていましたが
       ようやく一昨年あたりから本格的に男性タレントの皆さんも日舞を習いに来るようになり
                    殺陣にも理想形を求めることができつつあります

           忍者のように剣を振りまわしたりトンボをうてたらと考える若者が多い中
              上記3名は日々日本舞踊のお稽古に余念のないみなさんです

                          軽くなったと叫ばれる剣劇
         いつか大河ドラマをけん引できるような本物の殺陣師になって欲しいと思います

                こうして多くのお客様を魅了させてくれた若者たちの笑顔
          満足感は達成感にも通じ、お客様の拍手でしっかり喜びに変わっていました

                     美しさ、つまり日本の美 やはり伝統芸ですね
           一生懸命頑張っているこうした若者たちを、ずっとずっと応援したいですね

                        本番は本当に素晴らしかったですよ

                               お疲れ様でした










スポンサーサイト

ボランティアで



                 春を待つ皆さんの前でのお稽古

 B-1.jpg

              お稽古場から徒歩3~4分と近い位置にある老人介護施設

                近くにいながら今日初めてこの施設をお邪魔しました
      この施設には130名近くの入居者さんがいらっしゃるようでディーサービスを加えると
               なんと150名にもなる大きな介護施設にびっくりしました

                 いつもこうした施設をお邪魔する度に思うのですが
             こうした施設で働くスタッフの皆さんにはいつも心打たれます

            そんな中、お弟子さんたちと一生懸命踊らせていただきました

 B-2.jpg

                    「川の流れのように」は美空ひばりさんの歌で
                やはりこの歌声に馴染み(響き)があるんでしょうかしらね
                   食い入るように観賞される皆さんが印象的でした

 B-3.jpg

                   小学校2年生の登場には涙を流す場面も・・・
                 可愛い! 可愛い・・・の連発も大きな張り合いです
           今回は私と一緒に踊りました(米節)が次は一人で踊ってみましょうね

 B-4.jpg

             糸(ひも)を持って踊る作品「糸」のアレンジにお客様もびっくり
                  実は彼女はれっきとしたマジシャンなんですよ

                歌が2コーラス目に入ると・・・・・ そうなんです!!
                赤い糸(ひも)を使ってのマジックショーに早変わり
              これには会場全体もびっくり・・・というか私も驚きました

                 こういう楽しませ方は素晴らしいアイデアですね
                          萌さん! 最高最高

 B-5.jpg

          今日集まった皆さんには最もふさわしい作品だったのか(博多恋しぐれ)
            とても喜んでくださっているのが手にとるように伝わって来ました
                プロデューサーの「腕を上げたね~」には納得です

 B-6.jpg

              もう中学生と言ってもおかしくない小学5年生(今春6年生)
                 落ち着いた踊りも大人顔負けの実力が身に着き
                    安心して観ていられるようになりましたね

 B-7.jpg

                 前のお客様が手拍子しているのが分かりますか!?
            元気の出る楽しい踊り(大江戸祭りばやし)は会場を盛り上げます
               生粋の浅草育ちだけにピーヒャラは血が騒ぐんでしょうか

 B-8.jpg

                   こちらの生徒さんは本当に腕をあげましたね
           魅了するという言葉がありますがこうした雰囲気で踊れたら最高です
       うっとりさせ見せどころを知っている 何より心の表現が出来るようになりましたね

 B-9.jpg

                私はトップバッターで「下町育ち」、最後に「弁天小僧」と
                  みなさんが最も懐かしそうな作品を選んでみました

 B-10.jpg

                  最後に全員で「さくらさくら」を踊らせて頂きました
            ここでも多くの涙が目に止まり、さすがにお弟子さんも興奮したようです

        こちら(施設)はとっても近いので、機会があればホントいつでも飛んで来たいですね

          お別れにお弟子さん全員でお土産の折り紙でこしらえた「鶴」をプレゼント
               お一人お一人に声かけながらお渡しできて良かったです

                         しっかり手を握ってくださり
            「ありがとう!ありがとう!」「また来てください・・・!」「楽しかった」
                  つかの間の訪問でしたが貴重な1時間でした

               みなさんお疲れ様でした  熊崎さん!段取りをありがとう
                     準備が良くって本当に順調でしたよ

                            もうすぐ春ですね




 故郷の春



                   待ち遠しい故郷の春

  ふきのとう-1


          今日はひな祭りです  都会は長い冬を・・・という実感はありませんが
                    故郷はまだまだ雪の中なんですね
           しかし、新しい芽が顔を出すこうした喜びは都会では味わえません

                       春よ来い  早く来い・・・♬
             こうした歌もその意味が心にぐっとくるくらい分かるんですね
                    雪の下から力強く顔を出すふきのとう

                       「ああ!春が来たんだな~♬」
               こんな感情を知っているだけでも幸せな思い出です

                      春が来た春が来たどこに来た
                      山に来た里に来た野にも来た

                         まさにその通りです

                    スーパーでしか見たことないふきのとう
                写真のように雪解けに欠かせない風物詩なんですよ

              都会に出てきた私が言っても説得力は無いかもしれませんが
                   一度今頃の秋田方面に行ってみてください

                  小川の近くにふきのとうとご対面ができるかも

  コブシの花-1

             こんなに美しいこぶしの蕾なんて都会では見られないでしょうね

  ひなまつりに桃の花を見ることは出来ませんが、自然界にはこんな息吹が春を祝ってくれます

          みんな頑張っているんだから都会に住む私たちも頑張らないとですね

                          今日はひなまつり

                   私も今夜は白酒でも頂いて歌いましょうか

                      春、なんて素敵な響きなんでしょう





プロフィール

波島流 波島陽子

Author:波島流 波島陽子


日本舞踊の指導日本舞踊全国公演
日本舞踊普及活動
結婚式オリジナル寿舞
外国人観光客向け体験(指導:監修)他

波島陽子オフィシャルサイト


日本舞踊教室

最新記事
カレンダー
02 | 2017/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク