FC2ブログ

浅草凌雲閣の式典に


                   東京三大タワーまつり

成人2

                  浅草凌雲閣の式典に行って来ました

ポスター

浅草凌雲閣とは【ウィキペディアより】

凌雲閣は、写真家で東京市議会議員であった江崎礼二の発案で、東京における高層建築物の先駆けとして建築され、藤岡市助による日本初の電動式エレベーターが設置されたことでも知られる。完成当時は12階建ての建築物は珍しく、モダンで、歓楽街・浅草の顔でもあった。明治・大正期の『浅草六区名所絵はがき』には、しばしば大池越しの凌雲閣が写っており、リュミエールの短編映画にもその姿が登場する。

建物の中は、8階までは世界各国の物販店で、それより上層階は展望室であった。展望室からは東京界隈はもとより、関八州の山々まで見渡すことができた。

1890年の開業時には多数の人々で賑わったが、明治後期には客足が減り、経営難に陥った。明治の末に階下に「十二階演芸場」ができ、1914年にはエレベーターが再設されて一時的に来客数が増えたものの、その後も経営難に苦しんだ。なお設計者のウィリアム・K・バルトン(バートン)は設計時はエレベーターの施工は考慮しておらず、設計時の構造強度ではエレベーターの施工は危険であると猛烈に反対したと言う。関東大震災時の崩落はバルトンの指摘通り、起こるべくして起こった惨劇と言える。

凌雲閣はその高さゆえに浅草のランドマークとなり、石川啄木や北原白秋、金子光晴の詩歌や江戸川乱歩の代表的短編『押絵と旅する男』など、数多くの文学作品にその姿は登場する。しかし、1923年9月1日に発生した関東大震災により、建物の8階部分より上が崩壊。地震発生当時頂上展望台付近には12~3名の見物者がいたが、福助足袋の看板に引っかかり助かった1名を除き全員が崩壊に巻き込まれ即死した。経営難から復旧が困難であったため、同年に陸軍工兵隊により爆破解体された。跡地は後に映画館の浅草東映劇場となるが、現在はパチンコ店になっている。

ちなみに戦後、浅草・田原町交差点に凌雲閣を模した「仁丹塔」という、森下仁丹の広告塔が存在し、こちらもランドマークとして人々に親しまれていたが、これも1986年に老朽化によって解体された(現在はコンビニエンスストアのam/pmが立地)。



私が説明するよりと思い、ネットで検索しその詳細を掲載させて頂きました。
浅草のお歴々のみなさんに交じってとてもおこがましいと思いながらもこの素晴らしい式典に参加させて頂けたのはとても光栄でした。

私も、芸能に関係したお仕事に関わっている身として、今後少しでも何かのお役に立てたらとの思いを強くしました。


成人3

ところで今日1月11日は成人の日でもありました。
この写真の中に一番成人に似合う人がいますが分かりますか・・・(笑)

さすがに町中が若さに溢れた着物姿に出会うことが出来て嬉しい日でした。
やはりお着物は素晴らしいですね ♬  若いみなさんにもっともっと着て頂きたいですね。












スポンサーサイト



プロフィール

波島流 波島陽子

Author:波島流 波島陽子


日本舞踊の指導日本舞踊全国公演
日本舞踊普及活動
結婚式オリジナル寿舞
外国人観光客向け体験(指導:監修)他

波島陽子オフィシャルサイト


日本舞踊教室

最新記事
カレンダー
12 | 2016/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク