FC2ブログ

笑顔を拡げたいですね

 

           24時間テレビに参加させて頂きます

   24時間TV


                今年ももうそんな時期になったんですんね!
 私も今回小銭入れがいっぱいになったのでホントに些少ですが気持だけ届けさせて頂きます

            今回のテーマは「つなぐ~時を超えて笑顔を~」だそうです
  世界中には本当に想像も出来ない苦境の中で力いっぱい生きている人がいるんですね
   なかなか忙しくてテレビを観ることは出来ませんが少しでもお役に立てたら嬉しいです

       何事もなく健康でいれることが幸せなことは1年に1度このテレビの企画で
                  毎年その有り難さを味わっています

         そうなんですね! あたりまえなことが当たり前でない人がいること
             幸せだから気づかないことがありすぎるかも知れません

          幸せの在り方! 社会に貢献出来る在り方はいっぱいありますね

         私は、一人でも多くの若者の皆さんに、この素晴らしい日本の文化を
               日本舞踊を通してしか伝えることは出来ませんが
        素晴らしい日本の心とともに伝えられたら嬉しいななんて頑張っています

     私の心で私に出来る「つなぐ」を時を超えて笑顔になってもらえたらと祈っています
          教室の生徒さんが今年も施設訪問に9月の2日間行って来ますが
             ご年配の皆さんの笑顔を見るたびに少しだけホッとします




スポンサーサイト

夏(今昔)の思いの中に




                   真夏の思い出今昔

  木曽路

  あれから40年という話がありますが、早いですね! 木曽路に行って丁度10年が経ちました。

         ここ数年は夏休みもなく忙しくしていて出歩くこともありませんでしたが    
     昨日は「ジュラシックパーク」(3D)と「日本のいちばん長い日」の2本の映画に挑戦

 特に今年は終戦70年ということでこの夏は戦争を振りかえる映像(TV・映画)が多かったですね
      今があまりにも平和すぎて、ひょっとしたら平和ボケしているのかも知れません
     勿論、戦争を知らない世代ですが、様々に回顧するとその悲惨さに心が痛みます

                     木曽路からあっという間の10年
       この時は真夏(お盆)の信州の旅でしたが初めて行った木曽路に酔いました
     妻籠宿、馬籠宿は時代劇(舞台)に関わって来た私にとってとても印象的でしたしね!
      股旅姿で、また駕籠に乗って・・・、おいはぎ(山賊)が出てもおかしくない街並み
               まるで、時代劇の映画そのままのセットのような・・・

       有名な観光地ですが朝が早く人っ子一人も居ない写真撮るには最高でした
                    また行ってみたいと思ってもう10年
          馬籠宿で出会った少女(当時7歳くらい)はもう高校生なんですね

               昨日はお友達のご主人が出演していることもあって
        「日本のいちばん長い日」を観て来ましたが、考えさせられる作品でした

             ポツダム宣言をどう受諾するかでもめにもめた御前会議
          こんな出来ごとがあって終戦を迎えたのか・・・と改めて認識しました
      今の世が幸せなのもこうした経緯があってのことを忘れてはいけないんでしょうね

       ジュラシックパークを観ていても、ひょっとしたらこんな時代が来るのかも(笑)
             昔の漫画がまったく現実になった宇宙等々を見てみても
                   まんざらと思わないわけではありません

       私が日本の良き伝統を伝えるとしたらまさにそれは「日本舞踊」の世界ですが
                 何が伝統・・・といつもいつも考えさせられます

             厳かで、それでいて艶やかで、静と動を使い分けた美しさ
           昔の人の心に「極める」というこだわりがあって生まれた伝統芸

              ここに日本人の心が備わって初めて生まれる美の世界
                   京都や金沢・・・といった観光地だけでなく
        木曽路のように日本の大切な心に触れる場所はまだまだたくさんあります

              私の使命は、舞うことで触れることの出来る和の世界
      日本人の心がいかに大切で素晴らしいかを踊りを通して伝えられたらと思います

                   日本人として生まれて来て良かった
       そんな日本の心に触れることのできる伝統芸にしたいなってつくづく思いました

                   慌てて出来るものではありませんが
     コツコツと積み上げてゆく毎日こそがその夢の実現への第一歩なんだと思っています

          若者の中には、すぐ踊れるようになりたいと考える人も少なくありません
                     楽しみながではありますが、
          本物を感じ取る喜びを味わっていただくことに尽力できたら嬉しいですね

                私のもとで勉強をし続けている若い生徒さんたちの
         素晴らしい心根があって、いつかきっと花開くと思うと努力のし甲斐があります

              戦争で無念にも花散らした若い先人たちの思いもくみながら
             良き時代(にんげん)を築きあげるお役に立てたらと思っています

    そういう意味で「日本のいちばん長い日」と「ジュラシックパーク」は意味のある2本立てでした







今年は「米節」を踊ります




                なんとか仕上がりました

  米節2

               毎年の中学生派遣団のお稽古も今年で7年目ですが
         今年は本当にあっという間に時間がすぎてしまったようね気がしています

          5時間でやっつけるという恐怖の課題にいつもながら猛暑そのものです
                      最後の1時間は仕上げの体育館
                 バランスを見るのにどうしても必要な会場ですが
                     さすがに生徒さんの緊張もマックス
             あとは持ち前の若さで頑張って来て欲しいと祈るだけですね

  米節1

                     細かな注意点を伝え終了としました

               自信をもって楽しんでいらっしゃいねと送って来ました

                            がんばってね

刺激し合う醍醐味



                刺激し合う醍醐味を味わう

  デンマークと奴



           なかなかこんな機会はお互いにないと思う光景がそこにありました

     デンマークの姉妹都市にこの夏(8/19)出発する台東区の派遣団(中学生)のみなさん
           今回は「米節」という民謡に挑戦していますが揃うとそれは綺麗です

           ゆかたに袖を通したことのない中学生も本日で3時間目を迎えました
              合計5時間で完成させなけばならない指導も今年で7年目

     手を変え品を変えやって来ましたが、作品を完成させる難しさをまたまた味わっています
           日本の文化を紹介する意図で「日本の歌」と「日本舞踊」がその対象

         モチベーションを上げる苦肉の策として考えたのが「ちびっこ」の登場です
            5歳の頃からお稽古している舞衣ちゃんはとっても形が美しい!
                    基本の大切さはここでもよく分かります

          派遣団のお稽古が休憩となったところで舞衣ちゃんの登場となりました
                固唾をのんで見守る中学生がとても印象的でした

             舞衣ちゃんも勿論緊張したようですが無事踊りきってくれました

                          やっこさんだよ・・・ ♬

                 大勢の前で披露することも勉強(お稽古)のひとつ
                団体で踊る彼らも大きな刺激を受けてくれたようです

         予定としては明日(6日)あと1日になりましたが頑張って欲しいですね

            効果的な時間をとプロデューサーが大切な話をしてくれますが
                   さすがに今日は厳しかったですね!!

           集中してお稽古が出来る方法! 社会人になっても大切な事柄!
        一昨年だったでしょうか! この話に、同行する先生も涙したことがありました

      「頑張って欲しい!」「貴方たちなら出来る!」「きっと相手に伝えて欲しい」・・・等々
                聞いていてこちらまで胸が熱くなるのを覚えます
           本気になるってこういうことなんだな~と教えられる瞬間なのです

                確かに、踊りを教えることが最大の目的でしょう!
        しかし、結果的に何が一番大切かをプロデューサーは見事に説いています
     この子たちのこれからの人生の各ページでこの教えはきっと顔をのぞかせることでしょう

        教育とは何か!? 改めて身の引き締まる思いで聞き入ってしまいました

               快く協力して頂いた舞衣ちゃん! 本当にありがとう

                    さあ!あと1日です  頑張りましょうね


涼を楽しむ贅沢感



                   日本の夏は美しい!!

  涼 2015


                    寝苦しい!!  暑い! 本当に暑い!

         夏だからって分かっていてもこの暑さにはただただ閉口してしまいますね

         仕事柄、ゆかたやうちわ等々の夏の風物詩の中に結構浸れてはいますが
                  暑さはまた別物のような気がしてなりません

        しかし、日本の凄さってこうしたとき本当に遺憾なくその力を発揮してくれますね

                 日本人に生まれてきて良かったと思える瞬間です

                    涼を楽しむなど贅沢だと思いませんか ♬







プロフィール

波島流 波島陽子

Author:波島流 波島陽子


日本舞踊の指導日本舞踊全国公演
日本舞踊普及活動
結婚式オリジナル寿舞
外国人観光客向け体験(指導:監修)他

波島陽子オフィシャルサイト


日本舞踊教室

最新記事
カレンダー
07 | 2015/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク