宅急便です   は~い!

             天下一品の味 蒲鉾

              ありがとうございま~す

嬉しい贈り物
               宇和島名産 蒲鉾の盛り合わせに感激

       なんとなんと食べきれないほどの詰め合わせが贈られてきました
     お世話になっている愛媛県の先生からこんなにも素晴らしいものが・・・

          ふたを開けてビックリ! よだれがでそうで大変でした

        先生が特別選んで送ってくださった蒲鉾を少しご紹介しましょう
              と言っても入っていたしおりからですけどね


                蒲鉾の歴史は大変古く、大和時代に
           神功皇后が、三韓征伐の折、魚の身をすりつぶして、
         鉾先につけ、焼いて食べたのが始まりだという説があります。

              江戸時代より、宇和海に臨む宇和島藩では
      いろいろな釣漁業が発達し、蒲鉾の好材料「エソ」もたっぷりとれました
     その、とれたての「エソ」をたっぷり使ったのが「宇和島の名産・蒲鉾」です
        でん粉などの増量材をつかわない足の強い優れた蒲鉾です。』


                       とありました

         蒸し蒲鉾や手作りじゃこ天他美味しい蒲鉾の詰め合わせに 
             ついつい日本酒を用意してこれから乾杯です
                 最高に贅沢な季節のお便りでした

                   ありがとうございました
                  夜桜の席で楽しめますね

            そうそう!ちなみにこの蒲鉾は「安岡の蒲鉾」です





スポンサーサイト

 出かけてくださいね!

           東京タワーを超えた!!

         東京タワーを越える
                 338mになった東京スカイタワー

       まだまだ建設途中ですが、とうとう日本で一番高い建造物に
           100kmも離れたところから見えるんだそうですよ
            我が家からは目の前にそびえ立って見えます
              望遠鏡からはお部屋まで覗かれそう・・・




         三分咲きに満開の演技で春を呼ぶ

         浅草1
                ご存知「花やしき」のアトラクション

         浅草2
                   なんとこれは予告編です

           開花宣言と言っても三分咲きで真冬のような寒さ
      せっかくの観光客のみなさんも足を止めているのがやっとでしたが
            浅草らしい光景に拍手も春を呼んでいました

            今週から晴れた日の浅草は見逃せませんよ




 浅草にも春が来た・・・

 
           開花宣言にアメリカのお客

さくら1  さくら2
                浅草寺の桜も開き始めました

       今日はアメリカからまるでモデルさんのような素敵なお客様
        182cmと言われたので振袖大丈夫かしらと思いましたが
   スラッとした体形で笑顔が素晴らしく境内では多くのカメラマンに囲まれて
                 まるで映画スターみたいねって

            団体で日本を訪れている仲間のみなさんとは
              これから鎌倉、京都、箱根、日光・・・と
            日本を満喫されるのだそうです 嬉しいですね


          エブリンさんと
                      お稽古場で

        散策のあとはお稽古場で日本舞踊を楽しんで頂きました
                「とっても幸せです」と感激され
         思い出に残ってくれるといいな!こちらこそ感謝感謝
        こうして日本を楽しんでいただけるって嬉しいことですね



            幼稚園の終了証書授与式

          卒園式
                次から次へと記念撮影が続く

    浅草公会堂では朝からまるで小鳥たちが嬉しそうにはしゃぐ姿に似て
 おめかしをした若いお母さんの笑顔と嬉しさを隠しきれないお父さんに見守られ
         弾ける笑顔が春を更に暖かいものにしてくれていました

                あと1週間もすると桜も満開で
        本格的な春到来 なぜか心がうきうきするから不思議です


    花の群れ   花の群れ




 お彼岸ですね



           暖かい陽気で良かった

   親鸞聖人と
                    親鸞聖人像の前で

        お稽古があったりでお参りに行けるかなって心配でしたが
           旦那様と一緒に東本願寺へ行くことが出来ました

         さすがにお彼岸だけあってとても多くのご家族連れが
                  お花を手にお墓参りでした

             毎日お仏壇には手を合わせていますが
        読教の中ですと格別な時間を頂けたようで心が落ち着けます

          春の嵐も去って都内でも桜の開花が宣言されました
                   また一年が始まりますね


     花の群れ    花の群れ



 お帰りなさい 増長天・持国天

                   二天門まもなく開門 

               お待たせしました 帰って来ましたよ

  <br />二天門全景
                        完成した二天門全景

    本堂の東側、浅草神社の鳥居に向って右手に建つ、重要文化財指定の、本瓦葺、切妻造り、
   木造朱塗り八脚門に、増長天(左)・持国天(右)をまつり、「二天門」の扁額は最後の太政大臣、
               三条実美(さんじょうさねとみ 1837~91)筆。
  元和4年(1618)浅草寺境内に造営された「東照宮」の「随身門(ずいじんもん)」として建立された。
     豊岩間戸命(とよいわまどのみこと)・櫛岩間戸命(くしいわまどのみこと)の二神をまつり、
      俗に「矢大神門(やだいじんもん)」ともいわれた。寛永19年(1642)東照宮は焼失し、
      その後の再建は許されずに「石橋(しゃっきょう)」(影向堂前)とこの門だけが残った。

  明治時代の神仏分離の際、鎌倉鶴岡八幡宮の経蔵にあった二天を奉安して「二天門」と改称したが、
           両像は戦時中、修理に出した先で焼失してしまった。現在の二天像は、
       上野・寛永寺の巌有院(第4代将軍徳川家綱)霊廟(れいびょう)より拝領したもの。


                    (資料にはこのように記されていました)


       新  2.jpg
               増 長 天                   持 国 天

                   仏教守護を役割とする四天王の内の2体です

                 今日(2010.3.19),2年間もの二天門の修復工事を終え
                        久々にその姿を見せました
      しっかり収まると金網越しにしか見れないのですが、ありがたいことに今日のお引っ越しで
                  その雄姿を直接カメラに収めることが出来ました

       実際に周り等の整備が終了する4月6日午前11時、いよいよ二天門の開門となります

             お釈迦様のまつりに可愛い稚児さんたちがここを通るのでしょうか
                          今から楽しみですね

              外国のお客様をご案内しての素敵な撮影スポットになりそうです



 春を待つ

                   春の足音に誘われて

              カメラかついで春を探しに行ってきました

        春①仲見世
                   外国人観光客に質問攻めの修学旅行生

        春2 仲見世
                     仲見世は元気な声が弾んでいました

        春3 仲見世
                こちらも負けない元気な笑顔でまるでお祭りのよう

        桜2
                  一部だけ咲いた枝で春を満喫するメジロさん

         一部だけ咲いた桜の枝には小鳥たちだけでなくカメラマンも群がってました

        春
                 こちらはヤマドリでしょうか?負けじと花の蜜に・・・

        かもめ1
              春を待つ仲間はこちらでも・・・ (ゆりかもめの隊列にビックリ) 

        ハト
                   日向ぼっこのハトのカップルも楽しそうに  

        元気に
               春を待ちきれない子供たちの声もぴーちくぱーちくでした

        元気に2
                     元気いっぱいに先生の心配もなんのその

        桜と子供1
                        桜の花びらを手に嬉しそう・・・

        隅田沿い3
                   隅田川沿いはいろんな花でいっぱいですよ

        隅田沿いで2
                 カメラマンにはたまらない季節がやってきましたね

        隅田沿いに咲く
                   隅田川の花火では人・人・人の場所なんですよ

        見つけた四つ葉
                     今年も見つけました 四葉のクローバー

                  分かりますか? 中央のクローバーが四葉です
                      今年の春の散歩もラッキーでした
                きっと素晴らしい出来ごとが待っていてくれるんだろうね

                       春にありがとう!って感じですね


        春を待つ
                     ライトアップの準備もスタンバイOK

        大木に
                 大木にしがみつくように開花を待つ桜のつぼみ

               花が開くと結構可愛い姿で多くの注目を浴びるんですよ

        隅田沿い4
                  他にも可愛い花でいっぱいの隅田川沿いです

        桜と塔
             桜の向うに世界一のテレビ塔(建設中)スカイツリーが見えます

      スカイツリーはまだ半分ですから、完成したらここからではカメラに収まらないですね
                     日本一のお花見会場になる隅田公園
                          まもなく開花宣言です


        蕾
                  今日現在はほとんどがまだこんな蕾状態でした

                   本当はもっともっとたくさん撮影したのですが
                ぶらっと散歩に出かけた3月18日の浅草近辺でした

                     みなさんも遊びに出かけてくださいね



more...

 頂いた1輪


              ホワイトデーにピース

         ありがとう
                 心のこもったバラの花

    優しい生徒さんが1本のバラの花を持っておはようございま~すと
         「はいどうぞ!」って渡されたときはちょっとドキッ
               お稽古前のハプニングでしたが
                   やはり嬉しいですね

               ようやく暖かくなってきましたが
              なんか心まで温かくなっちゃいました

                      ありがとう
          好青年のツルくんは女性の生徒さんにもモテモテ
                   優しいから分かるな!

 
                       もう一度
                     あ・り・が・と・う







 鎌倉:鶴岡八幡宮の大銀杏倒れる

                初めてのデートの場所でした

            八幡宮大銀杏
                     鶴岡八幡宮の大銀杏の雄姿
              この銀杏の木が倒れたんですよ!信じられますか?
      
        主人と初めてデートした場所ですから、私たちにとっては大切な思い出の地
              この石段で撮ったツーショットを結婚報告に使いました

                   大銀杏は30mくらいあったでしょうか
                隠れ銀杏と言われるエピソードを語りながら・・・
         するとそこに少し大き目のリスが現れて私たちを祝福してくれたんです
                   その可愛らしさは今でも忘れませんね

              その大銀杏の木が昨日の強風で倒れてしまったそうです
                    なんとか修復できないのでしょうか

                   何故か私たちは二人とも鎌倉が大好きで
                        紫陽花の時期は長谷寺
               美味しさ求めて近為漬物さんやくずきりのみのわさん
              暖かくなったらまた行ってみようと思っていたばかりなのに

             この大銀杏はなんと樹齢1000年余といわれ、源頼家の子で
         八幡宮の別当を務めていた公暁は、この大銀杏の木に隠れて待ち伏せ
                  源実朝を殺害したと伝えられている銀杏です

                      私は舞殿に興味がありました
                    頼朝の求めに応じて舞った静御前
                       悲しい物語なんですよね
              源義経を慕ってこんな歌を詠んだのもこの頃とされています

               吉野山 峰の白雪ふみわけて 入りにし人の跡ぞ恋しき

              しづやしづ しづのをだまきくり返し 昔を今になすよしもがな


                  歴史を追い求めながら私たちは翌年の五月
                         奥州平泉を訪ねました

            この大銀杏はそんな思い出がたくさん詰まった大切なものでした
       頼朝公も、静御前も、そして私たちをも見届けた銀杏だと思うと不思議な感じです

                     自然災害では仕方ないと思っても
                 なんとか修復できることを心から祈っています









サンキューよりも「ありがとう」です


       3月9日 ありがとうの日


     語呂合わせのようですね! 3月9日、つまりサンキュー
   でも正式に「ありがとうの日」として制定されているんですって

          ありがとう! とっても良い響きですね

             ありがとうはどこでも使えます
  ほんの些細なしぐさの中でありがとうほど美しいものはありません

         意識しながら、緊張しながら発するのではなく
           どんなときにでも、どんなところででも
                 そしてどんな人にでも
                ありがとうは心に響きます

                 何年か前の夏の旅行で
               小学一年生くらいの女の子が
          おはようございま~すと声をかけてくれました
         その子のお陰で本当に心に残る旅行が出来ました

             少女は覚えていないかも知れませんね
            それでも感謝の気持ちは今でも忘れません

            今日も都内にチラホラと雪が降ったようです
             マンションのエレベーターのすれ違いに
            寒いですね~、気をつけて行ってらっしゃい
                 温かい声をかけて頂きました

                      嬉しいですね
                   心からありがとうです

            ありがとうを繰り返すと本当に温かくなります







 湯島天神(東京)の梅の花


              雨に打たれて春を待

       湯島の梅
                    雨の梅も素晴らしいですね

               今日で湯島天神の梅まつりは終了しました

               当社のプロデューサーは写真が大好きで
            毎年季節の移りかわりをこのように撮影しています

             湯島天神が初めての生徒さんを案内しながらの
                   何枚かのスナップでしたが
                   ぎりぎり楽しめたようですよ

             境内は合格お礼の絵馬が凄かったらしいですが
                      春の風物詩ですね

                       さあ! 今度は桜
              今度こそ見事な観桜会ができると良いですね

               いつ見ても、日本のお花は素晴らしいと思う


                       日本って素敵よね







 うれしいひな祭り


             春の佳き日のひな祭り
    ひな人形

            私のお稽古場の可愛い生徒さんを見ていると
                 皆さんお人形さんみたいです

          そう言えば今日の葉山俊介さんのブログ見ましたか?
                   是非目を通してください

             ひな祭りを祝って素敵な童話が載っています
        読んでみましたが、私は立原えりかさんを初めて知りました

                     「花かんざし」


         ほのぼのとあったかく、人の心の大切さが伝わってきます
               はっきり言って読まないと損ですね

             ファンタジックでそれでいて独特な世界観が
                美しい言葉とともに描かれています

             日本中の女性に見ていただきたい童話ですよ
                   女性ばかりじゃないですね
                    子供たちにも学生さんも
               久々に素晴らしい童話に出会いました


           【俊介の部屋:婚活のススメ】 とクリックしてください
                このページからもリンクされていますよ 
                  
                       今回の童話で
                 久々に嬉しいひな祭りになりました





プロフィール

波島流 波島陽子

Author:波島流 波島陽子


日本舞踊の指導日本舞踊全国公演
日本舞踊普及活動
結婚式オリジナル寿舞
外国人観光客向け体験(指導:監修)他

波島陽子オフィシャルサイト


日本舞踊教室

最新記事
カレンダー
02 | 2010/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク