やったね ありがとう・・・


   ● 嬉しい~ ありがとう
          ななななな~んと美味しそうなぶどうがたくさん届きましたよ。
         伊藤さん! ありがとう・・・・  昨日の今日だからびっくりしちゃった。
         さっそく頂きました。 小粒なんだけどな~ともあま~いぶどう・・・
         こんなにも沢山送ってくださって 感謝です

         秋を満喫したい私には幸せでいっぱい  ありがとう ありがとう
         ありがとうございます。
         
           なんか夢を見そうです  幸せな・・・
                     ぶどうは体にいいもんね
スポンサーサイト

彩りも美しい秋の七草

 
    花の魅力と文学の世界

       「 秋の七草 」

      萩の花 尾花葛花 
          撫子の花
            女郎花また藤袴
                  朝貌の花

           fujibakama[1]
                 kawaranadesiko1[1]
                      kikyou2[1]
                            kuzu[1]
                      ominaesi[1]
                 susuki4[1]
          yamahagi[1]

                          秋の七草はほんとにきれい・・・

     「秋の七草」は万葉集にみる山上憶良の作品ですね。 草としての性格の強い春の七草
     に対し、秋の七草は彩りも美しく、花としての魅力を感じます。
     
        秋の野に咲きたる花を指折りかき数ふれば七種の花

     春秋に咲く無数の草花。 その中で「七」草を選ぶことで、草花の世界に秩序が与えられた
     のだそうです。
     このほかにも万葉に詠われた作品に「枕草子」が有名で、書き出しは、「春はあけぼの・・」
     とありますが、「秋は夕暮れ、ねぐらに急ぐ鳥や雁の飛ぶ姿、日が落ちて風や虫の音が聞
     こえてくるのも素敵ですね・・・」 と春夏に続いて詠われています。(下記が原文)

       秋は夕暮。 夕日のさして山のはいとちかうなりたるに、からすのねどこへ行くとて、
       みつよつ、ふたつみつなどとびいそぐさへあはれなり。
       まいて雁などのつらねたるが、いとちひさくみゆるはいとおかし。
       日入りはてて、風の音むしのねなど、はたいふべきにあらず。


           ・・・・・・ たしかこのように詠っていたと思います。(違ってたらごめんなさい)

     日本人(昔の人)はなんて優雅というか情感豊かでしかも風情があったのでしょうか。
     もっともっと秋を楽しみたいですね。

    たわわになったふるさとの果物ですよ

   HP3.jpg
   HP 2
                           実家の裏の畑で撮影

         ・ 上のりんごはいよいよ本格的な収穫時期に入ります。
           湯沢市川連町は青森にも負けないりんご畑があるんですよ。
         ・ 下の写真はもうほとんどがこんな感じで今が一番美味しい季節ですね

                 待ち遠しいな~! もうすぐ新米と一緒に届くかな・・・ ?

昆虫図鑑みたいな専門知識に

 

     メールありがとう

      昨日の「秋の虫」に一報が届きました。 岐阜県中津川の長谷部さんに嬉しいメール
      をいただきました。 ありがとう!  
      スズムシやマツムシ、エンマコオロギ、キリギリス。 少しは知っているつもりだったのに
      カンタンなんて虫もいるんですね。 カネタタキも? 
      奇麗な声で鳴かせるには煮干しや鰹節を食べさせるんだって初めて聞きました。
      
      中津川で見る月はきっと奇麗で秋の虫にうっとりできますね。 
      私は下呂温泉に向かう途中で中津川渓谷を通った記憶がありますがホントに山の中
      でした。 秋田とはまた景色が違うんですよね。 なにか盆地にはなっていなかったよ
      うに思いました。
      風情っていうか都会にない財産を子供たちにずっとずっと伝えてください。
      
      私も勿論子供の頃から蝉やトンボ、ほたるや多くの虫たちに囲まれて育ちました。
      しばらくは意識して隅田川を散歩したいと思います。

                      もう一度勉強し直ししなきゃ・・・   

秋を彩る仲間たち


      雲が、風が虫の音が ・・・

      雲も風もそして虫たちも、いま一生懸命「秋」を運んでいるのが分かります。
      なかなか都会では聞く機会が少ないけれど、隅田川を散歩していると蝉に
      代わって秋の虫がオーケストラを組んでいるように心癒される演奏会を聴く
      ことができます。
      
      みんな、どんなふうに鳴いているか判りますか?
        ギースチョンと鳴いて・・・ コロコロリン
        ルルルルル・・・・  トトトトト、  チンチロリン こんなふうに聞こえます

      日本の素晴らしい文化のひとつですね
      鳴いているのは全てオス。  美しくきれいな音を奏でるオスにメスが集ま
      ります。
      そのためにオスは一生懸命羽音をたてて・・・ けな気ですね・・・。
        それが私たちにも聞こえるんです! コロコロリン・・・・と

      秋も夜長をこんなふうに楽しみましょうね。

             秋の夜長を鳴きとおす
                      ああ 面白や虫の声

ヒップホップもモダンバレーもみんな一緒 ・・・

    ● NHKの朝のテレビ小説「瞳」に見る

        「瞳」もいよいよ佳境に入ってきましたね。 今朝は瞳先生が教えるダンス教室の
       発表会でしたが生徒層も小学生から若者、青年層、主婦層、お年寄りと・・・
       ドラマですからこういう設定も分りますが、少し違和感あるかなと思えてもやはり
       楽しくやって続けることに意味があることが分かります。  
      
       ヒップホップをお爺さんが ・・・・・・??  日本舞踊もあまり難しく捉えるのではなく
       「子供たちのコース」「学生さんおコース」「一般のコース」そして「プロのコ-ス」等々
       楽しみながらお稽古できるんですよ。

       少し動けるようになるともっと楽しくなり、いつか人の前で踊りたくなる・・・
       私は小学生の頃からお芝居や日本舞踊がやりたい・・・、ずっと思っていた夢が実現
       しましたが、やはり好きになって楽しむことが一番ね!
       「瞳」と一緒で日本舞踊もまったく年齢に関係なく楽しめますよ。
       

浅草に平成中村座の幕が開く

    ひと足お先にご案内
          浅草寺の境内に夢の風景が出現します。 仮名手本忠臣蔵が公演される大きな舞台
        平成中村座が浅草寺の裏側に姿を現しました。  10月2日の初日を前に着々と準備が
        進んでいますが、なにか不思議と胸の高鳴りがするんですよ。  ほとんどその芝居小屋
        は境内の雰囲気を壊さない色彩で統一され静かにその日を待っています。

        もっと驚いたのはきっと同時開催だと思いますが五重の塔前広場いっぱいに浅草奥山の
        オープンセットがここでも姿を見せたことです。
        大道芸や芝居小屋で賑わった奥山の風景が再現され今年の秋は菊まつりの前に相当な
        話題を集めそうです !  フジテレビジョンと松竹さんの主催ですからテレビでの紹介も
        多いんでしょうねきっと。

        私のホームページを見ていただいた人には分かると思いますが、先日その振袖企画が
        テレビ朝日のJチャンネルで紹介されとても大きな反響をいただきました。
        日本の皆さんの参加も大いに歓迎です。        
             奥山で青春の記念写真を振り袖姿で楽しんでいただきたいな!
     
        男性の着物も準備しています。 詳しくは陽子のホームページでご案内しています。
        こんな楽しい経験はなかなかできないと思う。   この期間(10月2日~26日)に訪れ
        た人は幸運でしょうね。

        まだ準備中なので写真の公開は控えますが、始まったらたくさんご紹介しましょうね!

                    さあ! まもなく幕が開きますよ・・・・・・

 秋の散歩道

    鎌倉で見つけた甘~いお店

        四季それぞれが素敵でよく鎌倉に足をはこびますが、甘党にはたまらないお店がそこに
        あります。  銭洗い弁天てご存じですか?  その弁天様に行く途中、もうまもなく弁天
        様ですよ~と歩いていたら「くずきり」と看板が見えます。 
        そうですね、車を7~8台くらい駐車できるスペースがあり静かで風情があって・・・・
        のれんをくぐると奥に可愛いお庭が見えます。  「みのわ」さんていうんですよ!
        ここのくずきりを食べたら他のが食べれないと言っても過言ではないの。 甘さが決して
        くどくなく、それでいて最高の甘さ・・・  最近テレビで食に関する番組が多いのにどうして
        取材されないんだろう・・・  そう思います。 閑静なところでちょっと見逃してしまいそうな
        ところにあるからなのかしらね!
           わざわざ出かけても価値ある絶品ですよ

              鎌倉くずきり:みのわ HP
                         みのわさんのお庭で・・・

          ※ 是非でかけてみてくださいね  ほんとに美味しいんだから・・・・・!


     

彼岸というお話 聞いてください

   なぜ「彼岸の中日」と呼ぶのかな・・・

     今日は秋分の日ですね! つまり秋分(春分)の3日前を「彼岸の入り」と言って、3日後を
     「彼岸の明け」と言います。 春分・秋分は、その中間に位置しますので、「彼岸の中日」と
     呼ぶのだそうです。  な~んだ・・・
     この彼岸は、仏教行事であるにもかかわらず日本独特の行事で他の仏教国にはないのだ
     そうですよ。
     ちなみに、「彼岸」とだけ言った場合、これは春の彼岸を指して、秋の彼岸は「秋彼岸」また
     は「後の彼岸」と言うのが正しいのだそうです。

     実は今日、お寺さんに出かけてきましたが「正しいお焼香のしかた」や法事のときの正しい
     立ち居振る舞いの勉強会が本堂前で行われていました。
     知っているようで意外と知らなかったことがあり突然の野外教室にしばし夢中で聞き入って
     いました。 宗派によっても多少違いがあるでしょうから一概に言えないかもしれませんが
     勉強になりました。 どんな内容か?って・・・  またいつかね。

     とにかく浅草寺といい、本願寺といいお参り客(観光も・・・)で凄い人でした。  みなさん
     きっとご先祖様の霊を敬いお墓参りに出かけた人も多かったでしょう。
      ぼた餅、おはぎ、団子、海苔巻き、いなり寿司などお供えし家族でもこれを食すといった
      風習こそいつまでもいつまでも残したいものです。 私も昨日はお団子を食べました。

      それにしても好天に恵まれて良かったですね!

どうなっているのかしら ? 世の中は ・・・ 

    ありがとう 感謝の気持ちは惜しみなく

      世界を震撼させるような出来事は私が記憶し始めたのが平成7年の地下鉄サリン事件。
      この年は阪神淡路の大震災で幕が開いた年だったと思います。
      大スター石原裕次郎さん、美空ひばりさん! そして勝新太郎さんが亡くなり昭和天皇
      ご逝去から渥美清さん・・・  永遠に輝いてくださるとばかり思っていても病に勝てず、
      夢を与えてくださったヒーローは眠りにつきました。

      今までに経験したことも見たこともないような自然災害(豪雨や地震)に振り回され不安
      いっぱいの世の中に!
      毎日報道され続ける食の問題、そしてもっとも残忍な殺人事件を見ない日がないくらい。 
  
      いつになったら平穏に過ごせる日が来るのでしょうか ・・・。 いろんなニュースを見る
      たびに思います。 生活の中に、感謝の気持ちを持っていたらどれだけこのような不幸
      が減るだろうかと・・・
      自然災害と言っても温暖化の影響が大きいのだとすればやっぱり防ぎようがあるのか
      もしれません。 おそらく心の持ち方でしょうから!
      うまくは言えませんがきっとこの感謝の気持ちを持ち続けることでかなりのことが解決
      するように思います。
      
      どんなことがあろうとも、まさかわが子を手にかけるなんて・・・                           
        お母さんにだってお子さんに感謝はできるはずなのに。 
        息子さんの天使のような可愛い笑顔に感謝・・・。
        わんぱくでやんちゃさんならなおのこと。 天真爛漫は宝です。

      ありがとう!感謝の気持ちは惜しみなく  
        せめて私が協力できるひとつですから明るく楽しく「感謝」を大切に
                     私も頑張ります。

カナダからのお客様がこんなに可愛い !

 
    とっても素敵な小雨の境内 ・・・

   傘HP

   nakamise HP


       道ゆく人たちの注目を浴びた素晴らしい一日でしたね!  蛇の目傘がこんなに似合う
       とは・・・  楽しかった思い出を大切にまた日本に来てください。

 Did it become happy memories?  KIMONO was very suited. Please advertise the culture of   Japan to  the friend of the home country.
The smile of two people with a good relations was impressive.
Moreover, please come to play.
 from Namishima
 

 第1回 こんな唄があったそうです

       誰が唄った歌かどなたかご存知ですか? 
         
          三年前に 東京の
             美容師学校へ行ったとよ
          今では店で 働くそうな   
             この村帰って 自分でお店
                出したら花輪を 贈ろうか 贈ろうか


         ・ 昔はこうした郷愁演歌がとっても多かったようです  私がまだ上京前に
           メモっていた作品ですが2番なのか3番なのかあとは分かりません。
           何かとってもくすぐったくなるような ・・・
         ・ 歌手名も分らないし作者名も分りませんが何かに載っていた一節をこう
           して書き記していたのが7作品も出てきました。
           いつか私も作詞してみたいな~なんて頃があって記録したものです。
         ・ 今の時代にない作品、こんな感じの歌があったら教えてくださいね。
             ほんと誰が唄ったんでしょうね・・・・

                     秋田と東京を結ぶ恋物語なのかしら・・・
                     それでしまっておいたのかな~

雨もまた楽し ・・・

    
     東日本で大雨の恐れ ・・・ 台風13号

      台風13号は19日午前、四国沖の海上を北東に進んだ。同日夕方には紀伊半島南部に
      接近する恐れがあり、気象庁は四国から東日本の太平洋側にかけて大雨になる恐れが
      あるとして、土砂災害や河川の増水に警戒を呼び掛けた。(時事通信)

          地球温暖化の影響もあって最近はいつどこで何が起きるかわからない
                        みなさんも気をつけましょうね!


      浅草は粋な雨に・・・・・ 
          明日は関東地方に13号がやってくるらしいとの情報ですが、振袖体験企画も多少
          の雨なら続行なんですよ。  ご存じのように仲見世通り界隈は雨に対応して素敵
          な屋根が出現! だから大丈夫。
          それにね! 私が選んだ蛇の目傘をさしていただいて風流を味わっていただこうと
          思ってたから少しくらい雨が降らないかな~って思ってるくらい!

          振袖に蛇の目は粋ですよ! 特に浅草は絵になるからふしぎ・・・
          災害が起きてはいけないけど雨もまた楽しってこういうことねきっと!
          21日が多少の雨なら見れますよ、粋で可愛い振袖姿を。
              

味わいのある郷土


    あっという間の2日間
         あの恐ろしい地震から数か月。 県境の被災地はほんとうにすぐそこなのに
         ふるさと湯沢市はなんとか難を逃れました。  大変な思いをされた皆さんに
         は心からお見舞い申し上げます。  頑張ってくださいね。

         私の実家の近くに皆瀬川が流れ、少し下流に行くとそこからは美しい鳥海山
         が眺めます。 大自然の真ん中に湯沢市があるって感jじでしょうか・・・!
         山菜の宝庫で水が美味しく勿論お米は最高!
         小野小町や松尾芭蕉の昔を紐解くとそこにはたくさんのお話があります。
         あまり知られていないようですが湯沢の七夕は言葉では言い表せないほど
         幻想的で素晴らしいんですよ。 秋田市の竿灯も有名ですが是非一度見て
         いただきたいな!  
         県花が「ふきのとう」であるように素朴でいて味わいのある郷土なんです。

         また冬支度をして真白に雪化粧を始めますがその後に目の覚めるような新
         緑が幸せや希望をいっぱい運んできてくれます・・・
          
          そんな素晴らしいふるさとに後ろ髪をひかれる思いで新幹線こまちに乗り
          ました。
         

満月のなんて大きいこと・・・

 

     まるで妖精の国にきたみたい
         空気の美味しいふるさとの朝、まるで別世界です   彼岸花に鬼ヤンマがとまる
         のを見ていたら時間の経つのも忘れてしまいました
         昨晩は満天の星空に大きな月が輝いていて本当に素晴らしい光景でしたよ。

         ああ! ふるさとは温かく迎えてくれるんだな~って
                  つくづく感謝ですね! ホントにふるさとありがとう・・・です

         そう言えば妖精たちはオレンジ色の草花が大好きだって知っていましたか?
         ここにはきっと住んでいるんですよ妖精たちが。 いたずらが大好きな妖精たち
         がふるさとの秋を可愛らしく演出しているみたいで心が躍ります

         こんなに穏やかで素晴らしいふるさとに招んでくれてありがとう!

● お問合わせありがとう

    粋でいなせな鬼龍院

女鬼龍院の振り付けで    アクセス回数1週間で430件

     You Tubeに載せてからなんと1週間で500件を目指しています。 お問合わせの多いのにも
     驚きました。  多くのみなさんに踊っていただけるだけで嬉しいですね!
     現在の計画ではもうすこし価格を下げた作品づくりができないか研究中なんですよ。 リクエス
     トにお応えして舟木一夫さんの作品も振り付け中ですが明るくて楽しくて魅せる作品としては合
     格。 祭りやなにかで踊ったら最高! 
     みなさんが踊りたい曲のリクエストもたくさんいただいていますがどうぞ遠慮せずにご連絡くだ
     さい。 自分だけの作品として自慢できますよ。
    詳しくは私のホームページ(http:/www.namishima.jp/)でご確認ください。
     ここでサンプル映像がご覧いただけますよ。

    まだまだ写真を入れる割合が分かんなくてこんなに大きくなっちゃった。
           ま! いっか・・・・・・・      だよね。 編集は素人だもの・・・
           一生懸命練習していつかきっときれいに載せますね。

             ・ 本日は午後から秋田へ出発です。 行ってきま~す !

浅草神社

浅草神社1HP
       ・ 賑わう浅草神社

宮神輿室HP
       ・ 出番を待つ一の宮 二の宮 三の宮 神輿 


  ご存じですか?
     よく三社さん・・・とか三社祭りと言いますが、本殿の前の解説をお見せしましょうね! 
 
     明治初年によると、祭神は土師真中知命(はじのまつちのみこと) ・ 桧前浜成命
    (ひのくまのはまなりのみこと) ・ 桧前竹成命(ひのくまのたけなりのみこと) ・
     東照宮である。
     浜成と竹成は隅田川で魚猟中、浅草寺本尊の観音像を網で拾いあげた人物、真
     中知はその像の奉安者と言われているそうです。
     三社を祀る神社なので「三社様」と言われました。 東照宮は権現様。 すなわち
     徳川家康のことで1949年に合祀されました。  ちなみに徳川家光によって建てられ
     たそうです。
     毎年5月に行われる例祭は「三社祭」の名で知られているんですよ。
     この神社を浅草神社(あさくさじんじゃ)と言います。 浅草寺本堂の右側にあるので
     ぜひ足を運んでくださいな!


   ・ 今朝鐘の音とともに久し振りに散歩にでかけましたが、気のせいかとってもお年寄り
     が多いのね ???  そうか、15日で敬老の日なんだ!  そんなこと思いながら
     桜橋を渡ると堤防沿いにコスモスがいっぱい咲いて奇麗でした。
     そうだ・・・ 全国の人に三社さんのお話をしてみよう!  そんな気分でした。

  

頂いたふるさとの唄 (ふたりの春)

     すてきな唄ですよ ・・・
     ふるさと秋田は一面りんご畑。 春になるとそれはみごとなりんごの花がいっぱい。
    私の話を題材に作詞家の天ノ万理子先生に頂いた詩です。 これは斉藤泰輔先生
    によって曲をつけていただきました。
     いつか多くのみなさんに歌ってもらえたら嬉しいな!

       ふたりの春

      りんご畑に 咲く白い花
      風に抱かれて 夢みる秋田
      愛を語ろう 季節を越えて
      なまり言葉に 頬そめて
      ふたりの春よ ああ 皆瀬川

              おぼこ小町に 似た優しさが
              いつもおまえの 笑顔じゃないか
              眩しく見えるは 幸せ便り
              花も嵐も 雪解けの
              ふたりの春よ ああ ふきのとう

                      鳥海山から 見た日本海
                      母の温もり ふるさとごごろ
                      一目惚れした 春待ち人よ
                      いのち連れ添う 芭蕉みち
                      ふたりの春よ ああ きずな旅
      

 ● 郷愁演歌に仕上がった曲はカラオケ付きでアルバムになって発売中です。
          詳しくは私のホームページでご案内していますが「夫婦舞扇」と一緒に収め
          られた私には宝物としての作品です。
         ちなみにHPのスライドショーで流れているBGMは夫婦舞扇のカラオケです。


みずみずしい果物につい !

      届いた梨に思わず・・・
          楽しみにしていた梨が届きました。 この時期にしか収穫できない千葉県
          船橋の豊水。 これをいただいたら他のが食べられない・・・と言っても言
          いすぎではないくらい美味しいんですよ。 やったね! なんとみずもずし
          い・・・
          そう言えば私のふるさとはあのかわいい「りんご」がいま収穫どきですが、
          たまたま来週はそのふるさとへ出かけるスケジュール。  
                      りんご狩りでもできればいいな!
             でもとんぼ帰りなんだ実は・・・
                  しばらくは豊水豊水・・・  本当に美味しいのよ!
りんごの花HP
     ふるさとを歌にしてくださったときのジャケットにこの写真は使用されました。
     どんな唄かはまた時間のあるときに・・・・・

またお会いしたいですね !

      楽しかった園遊会・・・ 

         昨晩はみなさんありがとうございました。
       約40名様とお名刺を交換させていただきましたがゆっくり語れなかった人も
       いて少しだけ心のこりでした。
       それぞれに楽しい話題をお持ちの方が多く時間もあっという間でしたが次に
       またお目にかかれる日を楽しみにしています。
    
        それから早坂恋子さん! 出版おめでとうございます。 
      天使のKISS
           タイトルも可愛いくってステキ ・・・・
       さっそく読ませていただきましたが感動しました!  私は恋愛物語を踊って
       いますが恋の形はさまざま・・・
        いつか私のそんな舞台も見てくださいね!

秋のお便り・・・

   歳 時 記
       秋は季語が豊富だから久し振りにお手紙でも書こうかな・・・、な~んて思って
      いたら偶然にも遠方から電話が2件も届いちゃった。 やっぱり声が聞けるって
      便利だし嬉しい!   1件は浜松、もう1件はふるさと秋田のお友達からでした。
      私も来週秋田にとんぼ帰りの強行軍で帰ってきますがゆっくりできないのが残念。
      東京も朝方はすっかり涼しくなっていよいよ秋満開ですね!

      重陽の節句は別名菊の節句というくらいですが皆さんは9日に菊の花を浮かべた
      菊酒を飲みましたか?  そうすることで邪気が払われ、長寿になるんですって!

      ときには秋の夜長に一筆したためてみましょう・・・。 楽しいと思うから・・・
      
      これからの秋園遊会でどんな人にお会いできるか少しドキドキしています。
      秋が満喫できるといいな!

振り付けビデオについて・・・

 お問合わせありがとう
    ホームページを立ち上げて1ケ月になりましたが正直アクセス件数の多いのに驚いて
    います。 (見てくださっているんですね~ ・・・ 嬉しい・・・・!!!)
    つい最近までE-mailアドレスが固定されていたので使用しづらかったようでご迷惑をおか
    けしましたがブログのスタートとともにYou Tubeにも掲載しご意見をいただくようになりま   
    した。

    1番多いのが作品第2弾3弾の要望です。  感謝感謝!   個人的にご注文いただい
    ての作品づくりは進行中なんですが、正規の販売用としての作品は従来VHS ビデオでし
    たが今後VHSはそのデッキやテープそのものも販売中止となりDVD等新しい作品になる
    ということでその対応をどうしようかしらとスタッフで検討していたところです。
    
    せっかくのご要望ですので今後は皆様にDVD機種に移行努力をしていただきながらその
    対応をしていきたいと思っています。(でもほとんどがまだビデオなんですよね
    それでも第2弾の作品はとっても楽しんでいただける内容で準備中ですので楽しみにして
    いてくださいね!   ・・・・・ 乞うご期待です。

           全国各地で楽しく踊る姿を夢見ながらがんばります!

浅草に見える「聖」と「俗」

    ASAKUSA KONJYAKU
        大型観光バスで降りた観光客の皆さんが馬道通り方面からガイドさんに引
        率されて浅草寺に向う光景をよく見ますが、現在そこには二天門が見えま
        せん。 補修j工事で21年までその養生テントで覆われているからです。 
        そう言えば本堂の屋根の修復工事開始が間近にせまっていて記念写真に
        収めようとする人には少し残念な日がまた続くようですよ。

        今年が、戦災で焼失した浅草寺の本堂が再建されて50年の記念の年だそう
        ですが、今はすっかり東京を代表するいえ日本を代表する観光地となりまし
        た。
        威勢よく担ぎだされる三社神輿はあまりにも有名で古くからこの地に数えきれ
        ないほどの人々を集めてきた浅草の「信仰」とそこに託した思いが見え隠れし
        ます。 
        ところがご存じのようにその一方で浅草は、奥山の大道芸や見世物、遊郭新
        吉原、そして猿若町の歌舞伎芝居と、庶民の娯楽が集まる盛り場でもありま
        した。
        近代には浅草六区が形成され、活動写真(映画)やエノケン・ロッパの軽演劇
        が注目を集めるところとなったのですね。
  
        浅草寺という信仰の場と、奥山から六区へとつながる盛り場との融合。 それ
        こそが他にはない「浅草」という地域の魅力を生み出していったのでしょう。
        現在も大衆演劇や浅草演芸ホール、そして新たに加わった浅草花月(よしもと)
        に多くの浅草フアンが集まっています。 
        そして日曜や休日になると三社様の境内では大道芸の人気者猿まわしを見る
        ことができ、ほのぼのとした笑いでいっぱいになります。

        これから浅草にお出かけするときはそんなことも思い浮かべながら見て歩きを
        するのも楽しみのひとつかもしれませんよ。

     そんな浅草で・・・
        私が浅草の地に足を踏み入れてかれこれ20数年が過ぎましたが、この浅草寺
        の境内といってもよいところで新しい試みに挑戦しているのも何かとっても不思
        議な気持ちです。 
        外人さんだけでなく勿論日本の多くの若いみなさんにもこの浅草で日本の文化
        の良さに触れていただけたら嬉しいな!
                   そのために一生懸命ガンバッテます。

        何か今回は観光大使のようでしたね!
         

秋空にふと思う

 極あたりまえ

    柿食えば鐘が鳴るなり法隆寺
      旅が好きな私にとって秋は少しロマンチックになれてときには感傷に浸ったりで・・・
      京都・奈良は勿論、中尊寺や全国に点在する名所等々、四季とともに様々な顔
      を見せるのも日本だからこその魅力のひとつ。
      いつかこのブログで日本の歴史にふれたお話も綴ってみたいな・・・なんて楽しみ
      な夢をみているところ。
      でも浅草もまだまだ多くの人が知らない不思議な魅力がいっぱいであることをも
      う一度見つめなおさなければいけないなって思います。

      毎日のように通る仲見世や散歩コースの隅田川。 私はそれがあまりにも身近
      すぎてその位置づけが低かったかもしれません。
      少し秋らしくなってきたから時間をみて浅草を語ってみましょうか?
      お庭のような浅草が当たり前すぎると語る機会を逸しちゃうものね!

         赤いちょうちんくぐり抜け            やってきました観音様の
               思い出づくりに                   境内に広がる
                      浅草寺                     江戸絵巻

                 

                  ・・・  な~んてどうかしら?(境内をにわと読んでね!)

      

待ちに待ったブログ


    いよいよスタートです
         なかなか筆無精でペンを持たない年月でしたが、ブログコーナーも開設しました
         からゆっくりと楽しみながら付き合っていきたいと思っています。
         まず何と言っても公式ホームページを制作してくださったスタッフに感謝ですね!
         私のブログ公開と言ってもそんな大袈裟なことではありません。  
         感じたこと思ったことを時にはかかわった人と共有しながら楽しんでいけたらと思
         っているところです。

         芸能生活もいよいよ20年の節目に入りいろんなことに挑戦しています。
         内容は是非ホームページに目を通していただけたら嬉しく思いますが多くの人に
         喜んでもらいながら出来れば一人でも多くの人に「おどり」を体験してもらえたらと
         願っているところです。

         ブログだから触れることのできる内容を提供したり、情報や感想を盛り込んだりし
         てお役に立てたら嬉しいな!   
         分らないことだらけですがこんな私、波島陽子をこれからずっとずっと応援して下
         さいね!
プロフィール

波島流 波島陽子

Author:波島流 波島陽子


日本舞踊の指導日本舞踊全国公演
日本舞踊普及活動
結婚式オリジナル寿舞
外国人観光客向け体験(指導:監修)他

波島陽子オフィシャルサイト


日本舞踊教室

最新記事
カレンダー
08 | 2008/09 | 10
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク